kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

実は僕は、決起集会と打ち上げがとても好きです。
人生の中で思い出す素敵な夜ベスト10のうちの半分くらいは、打ち上げか決起集会だ。
たぶん飯田君(SCRAPの偉い人)もそうだと思う。
12年くらい前に飯田君がボロフェスタの打ち上げで泣いている女の子に「泣いたらええ、悲しい時は泣いたらええんや」と言っているのを聞いて、こんな適切なセリフをここで言えるなんて、なんてすごい奴だ!と思ったことがあるが、まあその話はいったん置いといて。
とにかく僕は打ち上げや決起集会が好きなのです。
組織を維持するための飲み会は無意味だけれど、プロジェクトの始まりと終わりを告げる飲み会は好きです。

東京ミステリーサーカスの決起集会はいつ行われたんだっけな。
16日くらいだっけ?プレオープンの二日目くらいだったかな。関係者が来るプレオープンの日でした。
各フロアのスタッフが集まって、200人くらいいたかな。すごい数の人たちがTMCの一階で飲んでた。
僕は確か、最初の挨拶したんだけど「あのさ、ずっと準備をしてきたけど、これはすごいテーマパークだってことを今日確信した。だからさ、あんまりこういうこというのはよくないような気もしてたから言わなかったんだけど、あのさ、でももう言うけどさ、もうおれたちさ、〇〇とか〇〇とかをぶっ潰すテーマパークになります。世界一のテーマパークになれると思う!」みたいな挨拶をしたと思う。
わーってみんなが拍手をしてくれて、わーってみんなで騒いで、それから飲み会がはじまって、いろんな人と乾杯して、もうみんな疲れ果てて、でもやり遂げた喜びとこれから始まることへの不安と期待みたいなのがあって、だれとしゃべってても神がかってるというか、どんな言葉も言霊みたいに響いて、胸がくしゃくしゃになった。

バイトの一人の子が言ってた。
「私にとってはもうここは世界一ですよ」って。
そうだねって僕はこたえたけど、彼女の眼を見ては言えなかった。

わあわあ叫ぶみんなや、どんどん飲み干されていくお酒や、どこか遠くでなっているような音楽や、いろんな人たちがいろんな人と繋がり広がり、そんな中弊社のパーティ野郎熊崎君がいろんな人にマイクを向けてインタビューをはじめて、きっちり会場を盛り上げて、ああこれはもうなにか、どこかへ届いてしまうような何かが、ここから生まれて羽ばたいていくのだなという明らかな予感の中で、僕は夕焼けのことを考えていた。

パーティの喧騒の中で割れ鐘を鳴らすような爆音で、僕の耳元で鳴っていたのは孤独に関する音楽ではなかったか。
狂騒のパーティでこそ聴こえる孤独のメロディみたいなものがそこにはあって、あれを聴いたのは僕だけだったか、それともみんな聴いていたのか。

夕暮れみたいだな僕らは、と思った。
パーティと孤独を愛し、そこから何かを生み出す愚か者だ。
ハイロウズ風にいうなら、昼と夜をかきまぜて朝まで踊れる男だ。
僕らは、楽しいだけのパーティを否定する。
孤独に埋没することも否定する。
その狭間にある夕暮れから、僕らは何かを生み出すのだ。
それが一番力があると知っている。

楽しい飲み会の帰り道ほどさみしくなる。
その当たり前の気持ちに光を当てるのが僕らだ。

さてと、夕暮れ時など待ちながら、僕らはどこへいくのだろうね。

kato takao** 27/12/2017 水曜日 02:15 | Link | TB (0) | コメント(0)

歌舞伎町探偵セブンというコンセプトを思いついたときは本当に震えた。
こりゃとんでもないことを思いついちまったなと思った。
その場にいる誰もが興奮していた。

どういう流れでその思考にたどり着いたのかはっきりとは覚えていない。
でも、それはSCRAPのクリエイティブチームが全員揃う合宿でのことで、丸二日間ずっと全員で閉じ込められて「東京ミステリーサーカスでやりたいこと」というテーマでアイデアを出していた時だった。

ああ、そうだ思い出してきた。
そもそも最初の頃の東京ミステリーサーカスは、ビルを全部借りるつもりだったんだ。全部で10フロアを使い切る壮大なプロジェクト。
予算も今の倍以上かけた夢見がちなプロジェクトでした。今考えると5フロアでもぼろぼろになってるんだから10フロアなんて絶対無理だった。
で、どこかで誰かが我に返って「これ半分の方がよくね?」ってなって地下一階から四階までの地に足の着いたプロジェクトになった。

ただそれに伴って、本当はビルの中をぐるぐる回遊する謎解きイベントを三つほど走らせようとしていたプランがとん挫した。
5階は密林、6階はSFとかをテーマにして、それらをぐるぐる回って謎解きするんだ!とか言ってたんだけど、なんせフロア数が半分になったからじゃあもう無理じゃねえかって。

あんとき誰が最初にそれに気づいたのかな。
俺だったような気もするし、他の誰かだったような気もするし、でもどっちにしてもあの合宿の空気が思いつかせたものだったような気がする。
とにかく誰かが気づいた。
「そうだ!別にビルの中だけじゃなくていいじゃないか!外に出しちゃおう!!!」と。

これまでの歴史の中で、アミューズメントパークやテーマパークを作った人たちの中でそんなこと思いついたことある人いろんだろうか。
自分たちがつくる施設の外でゲームを作るなんて!

僕らはちょうどポケモンのリアル脱出ゲームを外で作っていたり、東京メトロさんと地下鉄に乗りまくる謎解きを作っていたので、思いつきやすかったのかもしれない。

ましてや僕らがテーマパークを創ろうとしていた場所は歌舞伎町だった。
日本中探してもここより物語の舞台っぽいところはそうそうないだろ。
じゃあさ、東京ミステリーサーカスを拠点にして、歌舞伎町を歩き回るゲームを創ろうよ!
って誰かが言った。
僕は震える手で「歌舞伎町 居抜き物件」で検索した。
手ごろな値段の物件が何百件と出てきた。
できる!と思った。
お金をかけて内装なんかしなくていい。
街みたいなテーマパークを創らなくていい。
そこにはもうすでに街がある。
そこにはもう本当の内装の整ったキャバクラやバーやホストクラブがあり、居抜きの物件を僕らで借りればいいのだ。
物語の舞台はすでに整ってる。
あとは、物語を作るだけだ!

あんな風に興奮したのは久しぶりだった。
新しい仕組みを見つけたと思った。誰も見つけてない宝物を見つけたんだ。
街をそのまま使って、そこに物語を埋め込めばいい。
すべてのハードはすでに完成していて、あとはソフトを埋め込むだけだと気づいたときは、本当に幸せな気分だった。
すべてのパーツはもうそろっていて、あとは物語を作るだけだったんだ!!!

そこからはもう雪崩みたいにアイデアがあふれ出てきた、
だったらもういくつもの物語が重層的に織りなす構造にしようとか、歌舞伎町で街歩きなら「私立探偵 濱マイク」とか「探偵はBARにいる」みたいな探偵ものがいいよねとか、キャラデザインはこの人にお願いしたいとか、音楽はこれだとか、脚本はこの人だとか、謎と物語の比率はとか、そういうことがあとからどんどん決まっていった。

そこから数か月間は僕は歌舞伎町の不動産を回りまくり、契約しまくり、全部でいったいいくつの店を作ったのか、もうよくわかんないけど、とにかく回遊型謎解きゲームのチェックポイントのためだけに歌舞伎町の居抜き物件を借りまくった。
どんだけお金が出てったのかよくわかんないけど、そんなのどうでもよかった。
こんなすごい思い付きを形にできるという多幸感で走り続けてた。

社内クリエイティブチームも最高のブッキングをした。
歌舞伎町探偵セブンというプロジェクトのために、会社のあらゆる可能性を注ぎ込んだ。
みんなで歌舞伎町を歩きまくって、この街に適切な物語について考え続けた。

出来上がったこの6個の事件をゲームを俯瞰してみて、いまざわざわとしてる。
これは、ひょっとしたら僕らは、とてつもないものを創ってしまったんじゃないか。
僕らが想定したよりもずっとすごい「物語体験」を生み出してしまったんじゃないかと思っている。
このゲームは、とうとう本当の意味であなたを主人公にしてしまうだろう。
あなたたちを、特別なチームにしてしまうだろう。
日常と地続きなこの場所でする特別な体験は、あなたの日常に忍び込み、あなたの普段の生活もミステリアスにしてしまうだろう。

あなたは歌舞伎町で起こる数々の不可解な事件の捜査に乗り出す。
あなた自身にもいくつもの謎がある。
あなたには歌舞伎町探偵セブンに入らなくてはならない理由がある。
あなたは捜査しなくてはならない。そして解決しなくてはならない。
あなた自身がどうしても乗り越えなくてはならないあの事件を解決するために。

あなたはキャバクラやホストクラブやバーやスナックを訪れ、その中にいる人々に問いかけ、聞き込みをし、推理を働かせ、事件の結末に迫らなくてはならない。
この街にはあなたが救わなくてはならない人がたくさんいるのだ。

そう。そしてそれは、あなたが今暮らしているその世界と同じことなのだ。

どうか、歌舞伎町探偵セブンを遊んでほしい。
あなたの感じたことのない感情がそこにはあるから。
あなたが観たことも聞いたことも読んだこともない物語がそこにあるから。

https://mysterycircus.jp/tanteiseven/

SCRAP 加藤隆生

kato takao** 22/12/2017 金曜日 12:10 | Link | TB (0) | コメント(0)

たしか、8年くらい前だと思うけれど、世の中を騒がすある深刻な事件が起こった。
犯人はすぐに捕まえられた。
その犯人は法廷でこう証言した。
「死刑にしてください。生まれ変わったら勇者になって世界を救いたい」

僕はその小さな囲み記事を読んだときに、なぜかわからないけれどものすごく強い衝撃を受けた。
しばらく、深く悲しんだ。被害者にも加害者にもなんのつながりもなかったけれど、とにかく深く深く悲しかった。
あの事件が起こってしまったのは僕のせいだったんじゃないかとすら思った。
僕がもっとはやく、もっと深く、世界に「物語の体験」を伝えなくちゃいけないと思った。
ばかばかしく聞こえるだろうけれど、本当にそう思った。

僕ならたぶん、彼に言ってあげられたのだ。
「今君がいるこの世界のこの時代でも、君はちゃんと勇者になれるんだぜ」って。
ひょっとしたらそれは、あの時、僕にしか言えない言葉だったかもしれない。

物語の中に入りたいと最初に願ったのはいつだったか。
「はてしない物語」を読んだ時だったか。
「ドラえもん」を小学校一年生で読んだ時だったか。
「グーニーズ」を観た時だったか。
ごたごたがあったといえるほどではないけれど、なんとなく暗い少年時代に、僕は必至で物語を読みふけり、こんな物語みたいな日常がやってくることを痛切に願った。
猫型ロボットが、引き出しからひょっこり顔をだす瞬間を願い続けた。
屋根裏部屋から宝の地図が偶然見つかることを願い続けた。
ネバ―エンディングストーリーみたいに、本の中に入れることを、願い続けていた。

わかったことは一つだけ。
物語みたいなことは、物語の中でしか起こらないってことだ。
そう気づいたのは10代の半ばくらいだっただろうか。

そのままぼんやり大人になって、大学を出て、会社を辞めて、売れないミュージシャンになって、フリーペーパーを作りながら、それでもずっと、どうやったら物語の中に入れるのかを考えてた。

リアル脱出ゲームというアイデアを思いついたのは、32歳の春だった。
このアイデアがあれば、物語の中に入ったような体験を作り出せる!と思った。
2007年7月7日。最初のリアル脱出ゲームが開催された夜に僕は、スタッフ全員にメールを送った。
「やっと見つけた!!これは物語の中に入ったような体験ができるゲームだ!」と。

リアル脱出ゲームが生まれてから二年ほどたって、その事件が起こった。
彼は「早く生まれ変わって勇者になりたい」といった。
僕は思った。もっと早く、このゲームを世界に広めなくてはいけない。
彼のような人を、リアル脱出ゲームは救うのだから。
そして、僕のような少年をリアル脱出ゲームは救うのだから。

リアル脱出ゲームを作り続けてこられた理由はいくつもあるけれど、そのうちの一つはこれだ。
僕は彼のために、彼みたいな人のために、そして僕みたいな人のためにゲームを作り続けた。

リアル脱出ゲームを作りながら、僕はずっと短編小説を作ってる気持ちだった。
本来なら10時間くらいかけて説明される物語の、最後の一時間だけを提示しているみたいな気持ちだった。
短編小説は、そのフォーマットゆえに、物語の始まりから描くことはできない。
一ページ目から、もう物語は起承転結の転から始める必要がある。

クリアするのに何十時間もかかるドラクエみたいに、12話まであるテレビドラマみたいに、読み終わるまでに一か月もかかる長編小説みたいに、僕らが作る物語ももっと長い時間人々を夢中にさせる必要があるとずっと思ってた。
そうでないと、日常を変えるほどの影響力を持てないと思っていたから。
いつ来ても、そこには物語があり、その物語は一日ではとても終わらず、ずっとつながっていくような、そういう場所が今この世界に必要だと思っていた。

---------------------------------------------------------------

ある日あなたは目を覚ます。
いつもの部屋。いつもの時間。いつもの温度。
さてと、今日もいつもの会社に出かけなくてはならない。
気が重い。
今日もあの、くだらない文句ばかり言う上司の機嫌を取らなくてはならない。
取らなくてもいいのだけど、取らないとさらにめんどくさいことになる。

あなたは支度をして、外に出る。
いつもの風景が広がっている。

でも、今日見る風景はいつもと違う。
昨日東京ミステリーサーカスに行ったからだ。

あなたの家の向かいでは、とんでもない銀行強盗の計画が立てられていたのかもしれない。
今すれ違ったあの人は、世界的な科学者で、人類を飛躍的に発展させるある研究をしているのかもしれない。
今歩いているこの道の地下には、とてつもない宝物が埋まっているのかもしれない。

ほんの少し見方を変えれば、そこにはキラキラした宝物がいっぱい埋まっていることをあなたはもう知っているのだ。昨日そのことを知ったのだ。
ただの部屋が物語の舞台になり、壁は物語から手紙が届く装置になっていた。
研究所に忍び込み、歌舞伎町を歩き回って信じられない結末の事件を解決した。
あなたはもう昨日までのあなたではない。

この日常の中にこそ物語があることをしっているのだ。

-----------------------------------------------------------------

そんなことを、みんなが思える場所をつくろうと思って、東京ミステリーサーカスをつくりました。
どうか、世界に素敵な物語があふれますように。
その物語はきっとあなたの日常を豊かにするから。
豊かになったあなたの日常は、きっと、さらに豊かな物語を作るだろう。

僕がこの10年考えてきたことは、ざっくりいうとそんな感じのことです。
僕らがつくりたいものは、そういうものです。

あえて胸を張って、偉そうにいいますね。
来てくれたらわかるから、来てください。来てくれないとわからないから。

https://mysterycircus.jp/

SCRAP代表
東京ミステリーサーカス代表
加藤隆生

kato takao** 18/12/2017 月曜日 13:18 | Link | TB (0) | コメント(0)

東京ミステリーサーカスを創ろうと思ったもう一つの理由は、もっとみんなが夢中になれる場所がないといけないと思ったからだ。

もちろん、僕らはこれまでもヒミツキチオブスクラップや、アジトオブスクラップなどの場所をたくさん作ってきた。そこでたくさんのリアル脱出ゲームを公演してきた。
でも、リアル脱出ゲームは宿命的に一度しか遊べない。たとえ「君は明日と消えていった」のみずきのことが大好きだと思っても、もう会えない。一度しか会うことができない。もちろん、ヒミツキチラボにはまた行くことができる。でも、行けるのは「君は明日と消えていった」が終了した後だ。みずきにはもう会えない。

テレビゲームや、映画や、マンガや、小説や、演劇や、音楽や、遊園地やミュージカルなどほとんどすべてのエンターテインメントジャンルは「何度も繰り返し同じ触れることができる」。当たり前のことだ。
でも、リアル脱出ゲームではその当たり前のことができない。

そのことはずっと僕らを悩ませていて、その一つの解決策として「謎ビル」という概念を作った。
一つのアジトを体験してもらって、もし好きだったら、すぐにその隣のアジトに行ける。
もしあなたがリアル脱出ゲームを好きになってくれたら、すぐ隣の別のリアル脱出ゲームを遊べる。

でも、それでは、リアル脱出ゲームというフォーマットへの理解は深まるものの、「君は明日と消えていった」という世界観への愛を示すことはできないし、みずきというキャラクターとの親愛を深めることもできない。
僕らは「スラムダンクの流川」とか「ワンピースのゾロ」とかを愛して、その集合体としての「マンガ」も好きにはなるけれど、「マンガが好きだから流川やゾロを好きになる」わけではない。
僕らは、10年かけてリアル脱出ゲームというフォーマットを好きになってもらうことにはうっすら成功してきたけれど、リアル脱出ゲームというフォーマットのソフトの世界観やキャラクターを好きになってもらうことには成功しなかった。
成功したとしても単発で、短期間なものになってしまった。

だから、僕は、何度も足を運べて、足を運ぶたびに新たな発見があって、物語の深い部分を少しずつ知ることができて、その物語の断片がさまざまな場所で結びつき、大きな一つの物語を形作るような場所が必要だと思っていた。
もし、僕らが作ったものを好きになってくれたなら、もっと好きになるための仕組みがある場所を作りたかった。
もしみずきを好きになってくれたなら、なんども繰り返し会えるような場所を作りたかった。
ちゃんとそこに愛があるなら、その愛の発露となる場所を創らなくちゃいけないと思っていた。

その場所が東京ミステリーサーカスです。
正直に言うと、今東京ミステリーサーカスにあるゲームがすべて有機的につながっているわけではない。
これまで通りの独立したリアル脱出ゲームもある。
でも、少なくともリアル捜査ゲームは、一日だけですべての事件を解決することは絶対にできないボリュームだし、独立したリアル脱出ゲームから派生したゲームやグッズなどもふんだんにある。
さらにいうなら、東京ミステリーサーカス自体に隠された大きな物語もこれからきっと生まれていくはずだ。

ディズニーランドが素晴らしいのは、愛されているのはアトラクションではなくて、その入れ物である「ディズニーランド自体」なんですね。だから、その中でさまざまな実験をしてもぶれることなく愛される。
世界中のテーマパークがディズニーランドを目指して失敗してきたのだと思うので、僕らもただやみくもにディズニーを目指すわけではないけれど、「愛される器」を創ることは目標としてやっていきたいと思います。

あと六日でオープンです。
絶対に前売りでチケットを争奪しなくちゃ入れない建物ではなく、ふらっと食事のついでとか、飲んだ帰りとかにも寄れるような場所を目指しました。
もちろん慎重なあなたのためにチケット予約のシステムも完備していますが、まあ、基本的にはふらっときて楽しめる場所です。

死にものぐるいでつくったけれど、ふらっと半笑いで遊びに来てくださいませ。
つまらなかったら叩いて、おもしろかったら褒めてください。
僕らはどちらも受け止めたり、するりとかわしたりしながら、しなやかに変わり続けていくつもりです。

では、東京ミステリーサーカスでお会いしましょう。
https://mysterycircus.jp/

kato takao** 13/12/2017 水曜日 19:49 | Link | TB (0) | コメント(0)

東京ミステリーサーカスオープンまであと一週間くらいになった。
1年以上前から僕はこのプロジェクトをああでもないこうでもないと考え続けてきた。
オープンしてからだといろいろとバイアスがかかってしまう気がするから、オープン前に「なぜ東京ミステリーサーカスをつくろうと思ったのか」をまとめておきたい。いつかこのプロジェクトが迷走してしまった時にまた戻ってこれるように。

まず最初の理由は、ぼんやりと今あるリアル脱出ゲームというフォーマットに限界を感じ始めていたこと。
SCRAPには新しいフォーマットが必要だと思っていた。
そこに割くべき制作費や期間や人件費や維持費などはどんどん僕らを窮屈にしていったし、過去の成功体験が会社を硬直させている気がしていた。
どんどんみんなが新しいことを思いつけるフォーマットだったはずだけど、フォーマットの中にいくつもの定型が出来上がり、それを壊そうとする力が失われているように思っていた。
なんとかそのフォーマットを壊そうと、リアルタイムループゲームやプロジェクションテーブルゲームなどを個人的に思いついてはみたけれど、それがどんどん広がってリアル脱出ゲームを駆逐するような存在にはならなかった。

そもそもこれまでのリアル脱出ゲームの発展は、ラッキーの連続だった。
さまざまな分野の人たちから声をかけられ、その刺激で新しいことを思いつけた。

ハード面からは様々な施設から声をかけていただいた。
スタジアムや遊園地、テーマパークなどの大きなところから、劇場、廃墟となった病院、廃校になった小学校、使われなくなった倉庫、ギャラリー、ホテル、郵便ポスト、地下鉄、鉄道、コンビニ、ショッピングセンター、デパート、フェス、そして町。
もうやってない場所なんてないんじゃないかってくらい、いろんなところでやることができた。

ソフト面からはもう言うまでもないだろう。
日本を代表するさまざまなアニメ、マンガ、ゲーム、映画、バンド、音楽、アートとコラボさせていただいた。

どのハード、どのソフトにも刺激があって、僕らはその都度その刺激をもとに思いついてきた。
外部からの上昇気流によって飛翔してきたといっていいと思う。
それらは僕らだから思いつけたものだ。でも、僕らのもとにその刺激が来てくれたから、思いつけたことだとも思う。

でも、もうその刺激が数年前にひと段落してしまったように思う。
もちろん単発では幕張メッセでやったドラクエとか、西武ドームでやった1万人リアル脱出ゲームとかはすごかった。でも、あまりにすごすぎて広がっていかないし、日常化しない。それでは僕らの望む「日常まで面白くするエンターテインメント」には届かない。
一夜だけのとてつもないパーティーはもちろん素晴らしいけど、それが日常を侵食していかなくては意味がない。

だから僕はここ数年、リアル脱出ゲームに変わる新しいフォーマットを構築することをずっと考えてきた。
でも、リアル脱出ゲームというフォーマットは、物語体験とビジネス面のバランスという点では異常にすばらしく、これを超えるフォーマットを発見・発明するのは相当大変だと思っていた。

そんな中、いくつかの出会いと、いくつかのきっかけがあって僕がたどり着いた答えは「フォーマットの入れ物をまず創造する」ことだった。
例えば、「沈みゆく豪華客船からの脱出」をソフトだとして、「リアル脱出ゲーム」をフォーマットだとするのなら、それを毎日行っているアジトオブスクラップ(10人程度が入れる自社小屋)やヒミツキチオブスクラップ(100人程度が入れる自社小屋)は入れ物だ。インフラと呼んでもいいかもしれない。
ヒミツキチやアジトはリアル脱出ゲームをするために作られたものなので、そこにはある種の宿命的な限界があると思っていた。
というよりも、リアル脱出ゲームというフォーマットがあまりにしなやかに成長していくので、これまで入れ物には相対的に注目していなかった。

その一方で、リアル脱出ゲームを本当の意味でクリエイティブにしていたのは、その入れ物であることにもこっそり気づいてはいた。
アジトやヒミツキチのスタッフの異様なクオリティにはずっと前から気づいていて、感謝していた。僕が思いついたものを世の中に伝えてくれているのは彼らだと思っていた。彼らのことをクリエイトされたものを伝える素晴らしい人たちだと考えていた。
しかし、ある時気づいた。彼らの演技や熱意や立ち振る舞いこそクリエイティブで、そこから立ち戻って僕らはゲームを作り出さなくちゃいけないんじゃないかと。

だとしたら、アジトやヒミツキチはもっと自由で有機的な場所でなくてはならない。
アジトでもヒミツキチでもなくそれらが複合的に組み合わさり、それらが影響しあい、その施設全体から何らかの物語が立ち上らなくてはならない。
そして、その施設に物語を立ちのぼらせるためのフォーマットを創ればいいのだと気づいた。
だとしたら、それはテーマパークと言ってしまえるものでなくてはならないだろう。
テーマパークがあれば、その中に入れるアトラクション(フォーマット)は強制的に思いつき続けなくてはならない。
東京ミステリーサーカスは、僕らにとってさらに面白いフォーマットを思いつくための装置である。

それが、東京ミステリーサーカスを創ろうと思った一つ目の理由。
あまりに長くなったので、残りは後日。

kato takao** 11/12/2017 月曜日 17:00 | Link | TB (0) | コメント(0)

物語の未来について考えていた。
僕が作り出した「リアル脱出ゲーム」が物語の歴史の中で果たすであろう役割について。
そしてそれを起点として今後変わっていくであろう物語の質について。

物語が受動から能動に変わってからもう30年以上経つ。
それは日本ではドラゴンクエストが成し遂げたことだし、世界的に見ればウルティマだったかもしれない。
その能動的物語が体験型に変わっていき、今「参加型」になろうとしていると僕はいくつかの講演会で発言してきた。

まあそれはそうだと思う。
物語は受動的に感覚で味わうものから、肉体で味わうものに変遷していくだろうと思っている。
その変化にはでもVRはまったく加担することはなくて、VRは今のところただのテレビの進化版だ。
テレビが作れた物語をより刺激的にすることはできるかもしれないが、物語自体を進化させることはない。
VRを手軽に装着しながら他の人たちとどんどんコミュニケーションとれるようになることと、VRをつけて空間を歩きまわれるようになれば、VRの概念は変わってくると思うけれど。
8bitであんなに興奮できた僕らの世代からすると、画面がリッチになっただけで体験の価値が上がるとは思えない。僕の中では今んとこVRは「リッチなテレビ」です。その先どうなるかは知らないけれど。

じゃ、参加型物語ってなんなのか。
進化した物語って何なのかっていう話になる。

僕は日常と身体性の結びつきをエンターテインメントにできることができれば、それが次世代の物語になるんじゃないかと思ってる。
例えば街を歩きながらフィクションを感じるとか。
自分の実際の行動によって選択されていくたった一度の物語を「体験」するとか。
例えば、映画やゲームの中で見たあのシーンの中に自分が実際にいて、実際にその行動をしなくちゃならないとか。
例えばとてつもないスターと一緒に散歩できる体験とか。
例えば「ここは俺に任せろ!お前は先に進め!!」って実際に自分が叫ぶシーンがあったりね。

演劇の範疇にも近いけれどなにかが致命的に違うんだと思う。
計算されつくした空間でもできるけれど、日常で出来るほうが効果的だろうとも思う。例えばいつも働いている職場に物語(ハプニング)がやってくる方が興奮しますよね、きっと。

僕にとって素晴らしい物語ってなんだろうなあと毎日毎日思っていて。
なんだかわからなくなってきたので、ほぼ唯一の信頼できる大先輩に会いに行って、上記のようなことを考えているんですけど、といったら。

「面白いものを創れ。後のことは、別のやつらが勝手に考えるから」と言われ、まったくその通りだな、俺は別に物語の伝道師でもなんでもないのに、なぜおれなんかが物語の未来のことなんて考えてたんだろう。もし考えたとしてもその先の正解を出すのは俺でなくては意味がないのに、なに評論家ぶって占い師ぶって来るべき物語の未来を論じたりしてたんだろう、と恥じ入った次第。
新しいものを創らなくていい、面白いものを創れ、とはまったく名言で、今の僕に完全に必要な言葉でした。
それが面白ければ、みんなが勝手に論じてくれるだろ。
なに作る前に自分で論じてるんだバカおれ。

そんなわけで、おもしろいものを創る世界に戻ります。
どろん。


kato takao** 26/11/2017 日曜日 02:28 | Link | TB (0) | コメント(0)

10年も続くってやっぱりすごいことなんじゃないかと思うのです。
致命的なミスが一つでもあったら続かなかっただろうし、とてつもないアイデアが二年に一回は出ないと続かなかっただろうと思います。
僕は「リアル脱出ゲームを思いついた人」として知られていますが、「リアル脱出ゲームを10年続かせるチームを作った人」として記憶されることを望みます。
それはなんて誇らしいことなんだろう。

いつも適切なときに、適切な人と出会ってきた気がします。
どうしてもリアル脱出ゲームのキャパを増やさなくちゃいけないときに、グループ戦や個人戦のシステムを思いつけたのには、たくさんの人との出会いがあって、マーブルの長井さんの意見や、インテリジェントシステムズのみなさんの意見や、京都マンガミュージアムとの出会いや、よみうりランドの奥谷さんのメールがないと多分こんなシステムは思いつけなかった。
チーム戦のシステムの元を思いついたのは実はマーブルの社長の長井さんで、「一つの会場の中でキャパを増やすにはチーム戦にするしかない」と当時言っていた。
僕はそのアイデアを最初に聞いたときに、「そんなの無理だ」と思った。一つの空間に10以上のグループが同時に謎解きするなんて無理に決まってる。
でも、もし万が一それが成功したらどれほどよいだろうと思った。今起こっている問題のほとんどが解決する。
当時起こっていた問題は、チケットがすぐに売切れてしまうのでキャパを増やさなくちゃいけないって事と、一人ひとりの謎に接する密度を高めなくてはならないってことだった。
だからやってみた。
結果としてうまくいった。

さらにリアル脱出ゲームのキャパを増やさなくちゃならなくなり、一回の公演で数百人から1000人ほどが遊べるシステムを思いつかなくちゃならなくなったとき、京都マンガミュージアムの中にあるカフェで当時ボランティアスタッフだった堺谷と二人で「個人戦のシステムって成り立つのかな?」と話していて、とても成り立つとは思えなかったんだけど、まあとにかくやってみるかと、ダメだったとしても今チケットを買っている1500人くらいが怒るくらいで、まあそんときは最悪会社が潰れたらいいか、とか思ってた。
それまでは一つの部屋やホールでしかやったことのないリアル脱出ゲームを、広大な小学校の敷地を全部使ってやるシステムなんて検討もつかなかったし、思いついたとしても実際にやってみるまでそれがうまくいくかどうかなんてまったくわからなかった。

やってみるまでわからないことをやってみて、それが結果としてうまくいく過程には、とてつもないストレスとアイデアと緻密な運営があって、チーム戦と個人戦を生み出す課程で僕らが得たものは一言で言うと「謎解きイベントを作る上での哲学」みたいなものだった。
僕らと僕ら以外を隔てるものは哲学の有無だと思う。
僕らだけが知っている「謎解きイベントの真髄」みたいなものがあって、それはうまく言葉にはならない。
おそらく「この船は沈没するかもしれないけれど、もし島にたどり着くことができたらそこにはとてつもない宝物が埋まっている。ただし沈む確率は80%ね」みたいな船に乗ったことのあるチームでないと理解できないことなんじゃないかと思う。
僕らはこれが続くかどうかなんて全然考えたこともなかった。
これが話題になっているからやろうなんてこともまったく考えなかった。
ただ、体の中からあふれてくるアイデアを、それを求める人たちに、一番衝撃的な形で叩きつけたかっただけだった。
もし失敗したらその時に全部が粉々に砕けてしまっても別にいいと思ってた。

今はもう何百人って人がSCRAPに関わって働いてくれている。
「もうめんどくさいから潰しちゃおっか?」とかは冗談でも言えない空気になってる。まあ言うけど。
10年振り返ったらやっぱり積み上がってきたんだなあと思う。
10年前のちょっとした思いつきがきっかけではあったけれど、それがすべてだったわけじゃない。その過程で起こったさまざまな小さなことが積み重なってここまで来れたのだと思う。
小さなギャンブルも大きなギャンブルもしたし、必死で緻密に確率を上げるために仮説を立て検討し、最善の答えを出すように努力をしてきた。そして一度立てた仮説をどんどん裏切るようなアイデアも実行してきた。
僕らがフォーマットを作って、僕らがそのフォーマットを潰し続けてきた。
僕らのフォーマットを真似してビジネスをしてる人たちをこっそりとくすくす笑いながら、次のフォーマットを実現して行った。
幾人かの人たちが、僕ら自身が僕らのフォーマットを潰すことに失望し、がっかりし、離れて行ったけれどそんなことは気にしなかった。
僕らは、僕らがその瞬間に一番面白いと思うものを作り続けることだけが目標だったからです。

そんなこんなで10年やってきて、振り返ってみるとたくさんのガラクタやキラメキやヒラメキが転がっていて、その中にぽつぽつと伝説的なイベントなどもあって、まあどうしようもないヘドロみたいな時間もあって、そういうすべての時間をひっくるめて、しかしこれはもうお祝いをしなくちゃならんのじゃないかと思っています。

半年ほど前に「せっかくだから一万人とか集めてリアル脱出ゲームしてみようよ。あと、ついでにフェスもやろう」と思いついた社長のことを、今会社全体が呪っているとは思いますが、多分これまでと同じように僕らはとてつもないことにチャレンジしようとしていて、誰もやったことのないシステムを思いつかなくちゃいけなくて、さらにそのアイデアを実際にミスなく運営するためにはすさまじい気力と時間と労力が必要です。
でも、これがうまくいったら、本当に日本のエンターテインメントの歴史が変わっちゃうんじゃないかってくらいすごいことを僕らは今やろうとしていて、だって一万人で同時に謎解きする方法なんて思いつく?さらにいうと思いつこうとしたことあった?
その思いつくべきチャンスを僕らはもらったし、たぶんちゃんと思いついたと思う。
どうか、このすごい時間を観に来て欲しいし、ぜひともこの10年間の感謝を直接伝えさせてください。
おめでとうと言われたいし、ありがとうといいたいのです。
みなさんがいないとこの10年はなにもなかったと同じなのだから。


チケットはここへ来てすごい勢いで売れていて、残っているのはもう1000枚くらいだそうです。
つまり9000枚は売れたってことか!
それもすごいな!
たった一日の謎解きイベントに9000人来るってそれ世界記録だろ!たぶん!
もし迷っている方がおられるなら、なるべく早めにチケット予約しちゃってくださいね。

それでは!
6月24日、西武ドームで会いましょう!!!

realdgame.jp/reald_bigparty

kato takao** 20/6/2017 火曜日 12:42 | Link | TB (0) | コメント(0)




みんなからの最近のコメント
「センスのない人がセンスのあるフリをしてつくったのがこれだね」 (2)
└ 名古屋のデブ社長が僕に言うんだ。「僕らが生きている場所には、パラレルワールドがある。 思 ...」
└ monoが僕に言うんだ。「有名人になればなるほど発言の自由が奪われていくという ...」
詩的経営のススメ。そして、正解を教えることについて。さらにささやかな決意表明。 (2)
└ ISKW(mattari0322)が僕に言うんだ。「ご無沙汰しております。 「すべてを説明してしまわない余 ...」
└ 名古屋のデブ社長が僕に言うんだ。「覚えていらっしゃるかな… 企画のワークショップで、最前 ...」
「仕立て屋シャルロッテの秘密」について (2)
└ no nameが僕に言うんだ。「いつも夫婦でリアル脱出ゲームに参加しています。 冬に出 ...」
└ が僕に言うんだ。「今の加藤さんは幸せです。少なくとも私にはそう見えます ...」
2月の眠れない夜の (2)
└ 山本が僕に言うんだ。「新入契約社員です。 奮い立ちました。 ...」
└ ハルトが僕に言うんだ。「指標のひとつとして体験数別参加者の増減かと。(アンケー ...」
時間について考えていたらずいぶん時間が経ってしまった (1)
└ が僕に言うんだ。「時間に関してですが、やはり1時間という時間がベストだと ...」
紅白歌合戦を見て音楽の未来について少し思ったことと、2014年を振り返って。 (1)
└ ななこが僕に言うんだ。「あけましておめでとうございます。 昨年は突如復活した音 ...」
真夜中に本を買いにいく。 (1)
└ まさこが僕に言うんだ。「東京のライブハウスの帰りに何かが足りないと思っていた ...」

Archives
2017年12月
2017年11月
2017年06月
2017年03月
2016年10月
2016年09月
2016年05月
2016年04月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月



Powered by
Movable Type 3.21

(c)all rights reserved
katotakao 2000-2017





keeponmusic.com logo