May 2004 Archives

030530

| | Comments (3)

イエス!初泳ぎ!伊計島で泳いできました。ほんのりと顔がひりひりしています。いっしょに行ったやつが足の届かないところでは泳ぎきれないやつだったので僕はどうやら不完全燃焼でしたが、まあそれでもとても気持ちがよかった。まめにいこう。

喉がとても渇くので缶コーラ500mlを買ってきて飲んでいます。上品な僕はコップに氷を入れて飲んでいます。

今はもうないトキオ&マコトーズというバンドのメンバーふたりから同じ日に偶然電話がありました。マコト君の用事は「弟がインターネットを繋いだのでエフエムキーポンミュージックの聴き方を教えて欲しい」とのことでした。朝だったので、ページの在処だけを伝えて「また電話して」と言ってからすぐ眠りに戻りました。トキオ君の用事はなんと「新しいバンドを始めたのでリンクしてほしい」とのことで、ソファでうたた寝中だったので「リンクページがないから自分のページで紹介するよ」と言って電話を切りました。音を聴いたこともないしね。

それにしても「シナトラ」というバンド名はどうなんでしょうねえ。実は「トキオ&マコトーズ」という一度聞いたらあんまり忘れないすばらしい名前は僕が(昔勝手に)つけた名前です。それをふまえて、この前東京でトキオ君に会った時「なんかええのない?」と言われてはりきって考えた名前はあっさり却下されました。後悔しても知らんぞう。

昨日少し飲んだために置き去りにされたバイクを今から取りに行かなくてはならない。タクシーで千円くらいかかるなあ。面倒くさいなあ。なんで昼間行かなかったんだろう。

月が明るいせいか物欲が増しています。ヤフーオークションをちらちら見ています。あれもほしいこれもほしいそれとあれとこれも。がるるるるるるるるるるるるるるるるるるるうううううううう。

だめだ。
のこりはあした。
バイクは朝とりに行こう。

3周年ありがとう!

| | Comments (5)

昨晩は2時過ぎまでキーポンミュージック.com3周年記念パーティで楽しみました。飲み過ぎたなあ。のべ12,3人のヒトが集まってくれました。うれしいなあ。楽しいヒトタチと時間が共有できて楽しかった。ほんとたいした話はなんもしてないんだけど、なんか嬉しいんです。

その時の模様をmarbleさんとことじゅんこさんとこで見ることができます。

また来年!

iTunes + iPod

| | Comments (2)

おお、とうとう日本のミュージシャンとiTunesが公にからみ出しましたね。ぱっと見たら販売を開始したように見えるけど、まだです。でも確実に動いてるよ。まずはインディーズだけとかになるんだろうか。

ねまき

| | Comments (1)

沖縄で活動するピアノ弾きシンガーソングライターやまねまきさんが新しいブロッガーとしてキーポンミュージック.comに登場しました。嬉しいなあ。僕は彼女の唄が大好きなのです。ぜひエフエムで聴いてください。こういうのもあります。のんびりよろしく。

そして明後日(明日)はお待ちかねキーポンミュージック.com3周年記念パーティです。待ってます。

ころがれころがれ

|

今日、本島を横断(縦断じゃないですよ)するくらいの長い散歩に行ってきました。4時間近くかけて中城モールまで行って返ってきました。足の裏がずるずるです。

北中城の集落を抜けて帰るとき、道ばたにたくさんの手作りシーサーが並べてあるのを見ました。それぞれに作った人の名前が付してありました。あのあたりは村をあげて焼き物を推奨しているのでしょうか。

疲れたので観光地にありそうなひんぷん付きの休憩所で一休み。デコボコした地面そこらじゅうに焼き物のかけらのようなモノが埋め込まれている。似顔絵だったり漫画だったり文字だったり。何気なく見たひんぷんの裏にダルマの絵が描いてありました。よく見ると以下のような文字がついていました。

ころがれころがれ、まだ角がある

ええこという!

*本物のだるまは筆タッチで描かれていて動いたりしません。これは僕の記憶から作り直したのを動くようにしたモノです。2段目が右から読むようになっているのはオリジナルどおり。

ビッグ・オーの話を思い出しましたね。

4時46分です。

|

0405kusabon.jpg

携帯ストラップなんて、出来心でつけてもうざったくって半日以上我慢できた試しのなかった僕のお気に入り携帯ストラップです。これを作ったクサボンの展示会が2週間延長されたそうな。

朝まで踊ろう♪

|

トップページにもあるとおり、5月27日はキーポンミュージック.comの3周年記念パーティがあります。これを読んでいるあなたも参加可能です。たくさん食べてたくさん飲んで!(から来てね〜)踊り明かそうぜ!レッツ・ツイスト・ザ・ナイト・アウェイ!

パーティのビラ

寝不足でうまく頭が回りません。

最近僕の部屋がちらかりまくっています。どうしてだろう。と考えた挙げ句、有料ゴミ袋制度になって以来、何曜日にどのゴミを出したらいいか自信がなくなってしまったためだ。という結論に辿り着きました。

曜日が書かれていたカラーのビラもどこかへ行ってしまった。どうせあれを見てもよくわからなかった。ので、今ぎのわん市のホームページを閲覧してみた。ところが、それがどこに書いてあるのかまったくわからない。僕は探すのは得意な方だと思うんだけど、すげーホームページだ。ご意見要望させてもらいました。試しに誰か探し出しておくれ。(今見たらリニューアル中のメッセージが出てた)

先週、人間の鎖で封鎖された普天間ヘリポートの空撮写真があった。というかあの基地の周りがぐるっと全部ぎのわん市なんよ。

おやすみりおねあ。

知らんけどね

|

見たり試聴(30秒)したりはできるiTunesのミュージックッストア。ボタンとかがどんどん日本語になってはいってるけれど、果たして日本居住者があそこで音楽を買う日が来るのでしょうか。一体いまだに解禁していない理由はなんなのでしょう。インターネットに国境はなかったんじゃなかろうか。

あれを解禁にしたら輸入盤を規制する法律自体がかなり無意味になります。なぜならオンライン上で瞬間的個人輸入ができてしまうことになるからねえ。

さっき「iTunesのミュージックストアに新しい曲が追加されました」というニュースレターが届いたのでこんなことを書いています。追加されたアルバムとかをしつこく試聴していると、素直な気持ちで「欲しい」って思います。1曲99セント、アルバム9ドル99セント。

「ああ、このアルバム昔死ぬほど聴いたなあ。どこにしまったんだっけ」というようなアルバムを見つけると、給料日直後とかなら(僕がiPodを持っていたとしたら)たぶん買ってしまうだろうなあ。「よし、気分転換にCDでも買ーおう」というタイプのヒトもむっちゃ金使うことになるだろうなあ。

まことに楽観的ですが、ミュージシャンにとってはいい時代になりつつあるんじゃなかろうか、と思っています。主導権を握りつつあるのがレコード会社ではないってところがきっといいんだろうなあ。でもレコード会社にとってもチャンスだと思うけど。まあ、先のことはわからんけど。しらんけど。

I'm running one group weblog that's non-commercial for 15 of my friends (they are musicians, not really famous. they have no idea what HTML means.) and 2 more to come in this month. I also have 2 news weblogs for the site. That's 19 weblogs and 17 authors total. The cost for this setup is a bit prohibitive for my personal hobby.

I belive that organizing a community is one of the nicest thing an indivisual user can do with MT. I am really enjoying running this small (and very comfortable) musicians' community. I do not mind paying $60 - $100 to keep on running the site, but if it cost me more than that, I will have to stick with MT2.64 to keep on running the site.

Wow! Thanks for asking!

MT3.0 SHOCK! revised!

|

(しつこくいくよ〜)

おお、料金表がすこし変わって使えるユーザー数が増えています。13ユーザーまでが約190ドルでそれから1ユーザー足すごとに9.95ドル増えていくそうです。今のご時世にユーザーの声に耳を傾けてくれる会社なんてめったにないよ。すばらしい。

でも、微調整されただけで、根本的に変わってないですね。

現実的に考えて、例えば「友人13人のためにウェブログを作ってあげていたヒトが、ひとり15ドルずつ徴収してバージョンアップするか?」または「NGOの団体がグループ内でのオープンかつ円滑な議論のために13名でやっていて、バージョンアップのためにひとり15ドル払うか?」というと払わないと思います。ひとりひとりに1ドメインずつ与えてユーザーの数だけインストールするか、というとしないと思います。さらに「じゃあひとり追加で10ドル払うか?」というと払わないと思います。

なぜなら3.0にバージョンアップする差し迫った理由がないからです。

ある意味モバブルタイプに特化した使い方をしている非営利ユーザーたちが、未来のモバブルタイプに関わっていかないということが、このソフトの未来にプラスになるとは思えません。

非営利ユーザーは100ドル払ってユーザー50名以上、もしくは無制限くらいで妥当だと思います。それだったらみんな払ってニコニコバージョンアップすると思うんだけどなあ。

参考資料(英語):
http://www.kottke.org/04/05/pricing-mt

人間の鎖

|

朝から外が騒がしいと思って外に出てみたら、今日は普天間基地を人間の鎖で包囲するというやつをやる日だった。スピーカ付きの車から民謡が流れる中、手持ちの拡声器で右に左に微調整を続けるヒトが走り回っている。周囲12キロメートルを囲むのに約2万人 16000人のヒトが集まるそうです。

これだけの人数が個人のネットワークだけで集まるということはないだろうけど、それでもすごい数だと思います。僕んちのあたりは子連れの主婦が多くてみんな和気あいあいと手をつないでいました。基地内を走る車に笑顔で手を振っています。

040516

MT3 SHOCK! reloaded

| | Comments (3)

ほら、コトキー.org(英語)のヒトも言ってるさー。ひとり以上でやってる個人使用ユーザーは60ドルくらいでユーザー数無制限にしたらって。それによってsixapart社が得るのは、個人のパワーユーザーやコミュニティからの信頼と好意であったり、またそれがこのソフトを発展させていく原動力になる。ということだそうです。(いつものごとくテキトーな訳です)

ネット上で、多くのヒトをゆるやかに巻き込んでダイナミックに発展していくというのは、ネットを生んだ国のユーザーたちの素晴らしい気質だと僕は思っています。早い段階でいろいろ制限を作って最終的にどこにも辿り着かないで終わるというのは、非常に日本的なやり方だと思います。(このソフトはもうすでに辿り着きまくってますが)

ということで、僕も今のバージョンのモバブルタイプにすこぶる満足しています。できればバージョンアップしたいけど。しなくても問題はないけど。arigato.

MT3 SHOCK!

|

モバブルタイプの次のバージョンは1人以上で使用する場合は有料ということになりました。すでに15ユーザーくらいでやっている我らがキーポンミュージック.comが次のバージョンへ進むためにはなんと約700ドル以上必要になります。約8万円以上。ショックミー!

モバブルタイプはみなさんご存じの通り優れたプログラムだし、お金を払ってでも僕は使っていたいと思ってもいる。けれど、これはちょっと高すぎる。ユーザー数の切り分けが3>6>9で値段が約100ドル>約150ドル>約190ドル(すべて定価)と上がっていくようになっています。なんでこんなに小刻みなんかよくわからん。6ユーザーと9ユーザーの違いはなんなんやろ。10>20>50くらいが妥当な線だと思うけど。で、料金も20>40>100くらいでいいと思うけど。

この料金システムに移行しても85%のヒトは影響を受けないと書いてありました。ところが見事に残りの15%に入り込んでしまった。バージョンアップしなくてもまあやってはいけるけど、非常に残念。モバブルタイプをベースにした有料ウェブログサービスがどんどん出ている今、その真ん中の核のところで無料で発展し続けるモバブルタイプはクールでかっこよかった。なんとかもうちょっと安くならんもんか。バージョンアップしてえ。

常にね

| | Comments (2)

戦争をしている国に行ったりして、自分の身の危険を冒してまで真剣に、多くのヒトに真実を伝えようとしているヒトビトがいます。僕らはその真実の計り知れない恩恵を常に受け取っています。

040509

|

4月29日の宮城島上空

変わるセンス

|

この前かりゆしウェアを買った話をしました。服に限らず「欲しい!」と思って見ているといろんな角度から眺めるようになって、その欲しいモノのいいところを探そうとします。例えば「この柄はおっさんくさい。けどそんなにおっさんでもない自分が着れば案外おもしろいかな?」とか「これは自分には派手過ぎる。けどもうそんなに若くない自分が着れば案外おもしろいかな?」とか、こういった考えの流れが生まれます。

年をとってくると着るモノが派手になるのは、自分の若くない部分を派手さで補いたいという気持ちから来るんでしょうね。普通に言えば「若作り」というやつです。(とても普通だ。)

昨日バイト先でかりゆしウェアをもらいました。うちのタンスに眠ってたんだけどサイズが大きすぎるのでもらってほしい、ということでした。防虫剤の強烈な匂いがしました。柄を見て、これはちょっと観光地っぽすぎるデザインだなあ、と思ったのですがまあ上に書いたような思考の流れがあって、もらって着ることにしました。

早速家に帰って洗濯して部屋の中に干しました(梅雨入り!)。柄をまじまじと見ているとどこかで見たことがあるような気がしてきました。そういえばこの前買った時にこの柄でもいいかなと一瞬思ったやつがこれだったような気がする。だったらラッキーだなあ、とこっそりひとり笑いしつつ、自分の他のかりゆしウェアと見比べるために僕の数少ないコレクションを見ていたら、まったく同じモノが出てきました。

あれれ?と思って並べてみると、完全にまったくすべてが瓜ふたつに同じモノでした。サイズも作った会社も。で思い出しました。去年の今頃、同じヒトから同じモノをもらっていたのでした。その時は「この柄は着れんなあ」ってすぐにタンス入りさせたんでした。彼女の家のタンスにはこれがあと何着あるんでしょう。この調子だと僕がじいさんになる頃には僕の持っているシャツはこれだけになって「あの大きなおじいさん、いつも同じシャツ着てる」と近所の噂になるかもしれません。

それにしてもヒトのセンスって変わる。

2004GW

|

040429
那覇から福岡へ=空港からバスで熊本市(いつぶりだろう?)=市街地で降りてアーケード=半袖シャツを買いそうになる=公園の芝生で鶏の唐揚げとコーラ=すぐ近くに熊本城発見=ハイリミッツライブ!=沖縄では考えられないくらいのたくさんのお客さん(余裕で100はいた)=打ち上げに参加、ミラーボールの下で焼き肉=朝6時頃に北九州到着=友人A宅にて就寝。

040430
11時頃起床=風呂=友人Aにチャーハンを作ってもらう(なぜか守恒の中華食堂「新々」がフラッシュバック)=夕方までゆっくりする=「資さん(すけさん)」でかけうどんとしそおにぎり=バードマンハウス9周年パーティ=懐かしい面々に会う(またこの日がやってきたのだ)=挨拶をさせられる=ライブと歓談で盛り上がる=5時頃に友人B宅にて就寝。

040501
11時頃起床=友人Bと一緒に泊まったミュージシャンたちとラーメン(うまい!)=帰ってきてウトウト=夕方、ちえみさん沖縄より到着=Bに車を借りて門司港=ちえみさんとフラッシュのライブ=20人で満員の店内からはみ出て階段でうろうろ=バードマンハウスに戻って小さく打ち上げ=懐かしの面々がまた地味に集まる=2時頃、みんなが「資さん」に行くというので僕だけ友人B宅に帰って就寝。

040502
10時頃起床=友人Cの音源をパソコンに取り込むため早起き=C宅に電話すると出かけているとのこと(なんじゃそりゃー)=また就寝=起きてアンクルカレー=昨日いっしょに打ち上げした友人Dに迎えに来てもらう=機材をパソコンにつなげるのに手間取る=結局やり方だけ伝えて機材をおいていく=ちえみさんとフラッシュと落ち合って一路博多=theピーズのライブ!=満員400人くらい=博多のミュージシャンにも何人か遭遇=バックさんに遭遇!=ライブもかなりよくて大満足=フラッシュの友人の車に便乗して一路北九州=友人E宅で軽く飲む=NHKでやっていたKISSの貴重映像に釘付け=すぐに意識を失って就寝。

040503
10時起床=友人Eに車を借りて山口の実家へ=高速も使って2時間で到着=母親の買い物につきあった後、風呂=昼食(焼き肉と刺身)=3時頃、一路北九州へ=土砂降り=ちょっと迷って5時半頃に友人E宅到着=近くの服屋でズボンを2本購入=E氏といっしょにフラッシュのバンド「holiday printers」を見に黒崎へ移動=ちえみさんと合流=変な中華料理屋でかた麺焼きそば=静かなお客さん=バンドでやるフラッシュはいい感じ=ライブ後友人Eとちえみさんとビリヤード(不調)=フラッシュも合流してE宅で軽く飲む=いろいろと話すもすぐに意識を失って就寝。

040504
11時頃起床=友人Eとフラッシュとちえみさんと僕で最後の「資さん」=かけうどんとかしわおにぎり=ついでがあるということでEに折尾まで送ってもらう=少しだけおみやげを買う=快速で博多駅=車内で就寝=地下鉄で福岡空港=機内で就寝=那覇の近くでむちゃくちゃ揺れる=到着後友人Fを呼び出しておみやげを渡す=モノレールの駅に止めておいたバイクに乗って帰宅(あまりの空腹に途中で何かを食べたのだけどなぜかそれが何だったか思い出せない)

借り物人生だよ。

040504

|

おやすみから帰ってきました。いろいろありすぎて逆に何も伝えられない気がしています。さっきうちに帰ってきて風呂に入って今はゆっくりです。えらい楽しいゴールデンウィークでした。たくさんの音楽に触れましたね。遊んでくれた皆さんありがとう。また遊びましょう!

荷をほどきつつ、思い出しつつ。

my stuff

Categories

月別 Archives

powered by MTOS