« 夕暮れ時を待ちながら | Main
2018年08月08日

今週末から「大魔王ゾーマからの脱出」がはじまります。
https://realdgame.jp/DQ2018/

ドラクエは僕という人間の根幹を作ってくれたゲームだ。
小学校五年生の時にはじめてドラゴンクエストをプレイして「物語の主人公になったような体験」をしたときのことを忘れることはないだろう。手が震えて興奮してその日の夜は眠れなかった。
ドラクエをはじめてプレイしたあの日に、僕の心には強く「物語の中に入りたい」という気持ちが芽生えた。
その気持ちをずっと持ち続けて、その気持ちをいつか実現してやろうと思いながら生きてきた結果、ある日リアル脱出ゲームというアイデアを思いつくことができた。
だから世界中にあふれるリアル脱出ゲーム的な謎解きゲームの原点はドラゴンクエストなのです。
ドラゴンクエストがあったから、今世界中の人々は閉じ込められ、謎を解き、悔しくなったり熱狂したり、歓喜の声を上げたり、たまたま一緒のテーブルで出会った人と結婚したりするのです。
もし世界にドラクエがなかったらと思うとぞっとする。
そんなの、竜王からもらう世界の半分の闇の世界みたいなものだ。

-----------------------------------------------
ドラクエの世界を幕張メッセに作る。
そして、四人パーティーでそれぞれの職業に就いて冒険する。
-----------------------------------------------

というこのたった二行の企画書はなんと心が躍るんだろう。
今見ても三年前にこの企画書を書いたときの興奮がよみがえる。
僕らはこのたった二行の思い付きをもとに幕張メッセにリアルドラゴンクエストを作り、四万人以上の人を集客して、とんでもない熱狂を作った。
ただ、あまりにも「これまで世界になかったエンターテインメント」過ぎたので、各所でさまざまなトラブルが起こった。
いくら何でも時間がかかりすぎたり、とんでもなく歩かされたり、謎のバランスが悪かったり。
僕らはそれらの反省をすべて活かして、今回はさらにとんでもなくおもしろいものも作った。
幕張メッセには、ドラクエのカジノやダンスステージやファッションショーのランウェイが造られ、冒険者たちがたどり着くのを今か今かと待っている。
個性豊かなこの世界の住人たちはさまざまな衣装に身を包み、ゾーマの支配する世界を冒険者が救ってくれるのを待っている。

本当は今回は第二弾なので「邪神シドーからの脱出」にして、ドラクエ2のラスボスを倒すゲームにしようかと思っていたのですが、今回のようにお盆休みの時期に10日間も幕張メッセを抑えられることなんて二度とない!!!と強く言われたので、僕が一番好きなドラクエ3のラスボスゾーマに出てきてもらうことにしました。
そうなのです。
こんな風に幕張メッセを使えることはもう二度とないかもしれないのです。
つまり、リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエストをあの広さで、あのクオリティで出来るのは今回が最後かもしれません。

だから今できるすべてをここに詰め込みました。
もう会社には一切の余力は残っていません。全部ここに注ぎ込みました!!!
大人になって全力を出すってこういうことなんだなっていうくらい全力でした。
こんな規模で出来るのはもう最後かもしれないと思ったので、絶対に悔いの残らないものを創ったつもりです。

どうか、このブログを読んでいて、今週末から来週末にかけてお時間に余裕のある人はなんとしてでも幕張メッセに来てもらいたいです。
絶対に面白いから。
絶対にすごい体験ができるし、絶対にすごい空間を見ることができるから。
コンクリートでできた巨大な建造物が、豊かなドラクエの世界になるところを見てほしい。

これは壮大な希望の物語なんじゃないかと思うのです。
勇者でも選ばれし者でもなかった僕らが、全力で必死でなにかを願い力を尽くせば、「物語に入ったような世界」を本当に現実世界に現出させることができるという希望の物語なのです。
だからどうか、一人でもたくさんの人たちにこの空間を体験しに来てほしいのです。
あなたの日常と繋がっている幕張メッセがドラゴンクエストの世界になるのなら、あなたの日常だって冒険にできるかもしれないのです。
あなたが今している仕事も、勉強も、遊びも、家族とか友人とか恋人とか食事とか睡眠とかそういう毎日毎日起こる当たり前のことが、「物語」になるかもしれないのです。
そのことを僕らは提案し証明したいのです。

震える手でコントローラーを握りしめたすべてのドラクエファンと、濁った日常に迷いながら立ち向かっているすべての冒険者たちにこのイベントを捧げます。

どうか、あなたの日常が、とびっきり素晴らしい冒険の世界になりますように!!!!

https://realdgame.jp/DQ2018/

SCRAP 加藤隆生

Posted by kato takao at 2018年08月08日 17:17 | TrackBack
みんなのコメント
comment する

















*POSTを押しても自分のコメントが見えない場合、一度ページの更新をしてみてください。
*HTML不可です。
*アドレスは入れると自動でリンクになります。
*管理者の判断でコメントを削除することがあります。