July 2017 Archives

エストレーラ庭園で待ちあわせ

|

去年お世話になったラパ地区のAirBnbの宿主さんに連絡してみる。旅行前も旅行中も何度か連絡してみようかと思ったけれど返事なかったら寂しいので躊躇。でも結局アプリを通じてメッセージ送信。

返事がすぐに返ってこなかったのでとりあえずそのエリアまででかけていってブラブラした。このエリアは観光地から少し外れてて人が少ないのと古い街並みに普通に人が住んでる感じが好きだった。今回もこのエリアを中心に宿を探したけど予算に合う場所を見つけられなかった。

思い出のパティスリーで休憩。最近は何度も同じ場所に行くのが以前ほど嫌いじゃなくなってきてる。どうせなら違うところに、っていう気持ちが昔に比べて小さくなった。老化だろうか。でも自分が気に入った場所に戻ってくることの喜びは充分感じている。

思い出のコーヒーと思い出のエッグタルトを食べた後、去年泊めてもらった部屋の下まで行ってみた。去年使ったWIFIが繋がった。宿主から返信が来てた。「君みたいなナイスガイを忘れるわけないじゃないか。今日の夕方エストレーラ庭園で会おう」というメッセージが返ってきてた。「今下の通りにいます」って返信しようと思ったけど、わざわざ庭園で会おうっていうくらいなので、庭園のほうが都合がいいんだろうと思ってOKの返事だけした。

待ち合わせの時間。大聖堂側から来るだろうと思ってそっちの入口付近で待つ。が全然来ない。今回携帯電話の契約もしてないので連絡もとれない。地球の反対側からやってき貴重な時間を無駄にしていると言えばたぶんその通りなのだけと結構しつこく待った。からかわれているんだろうかとか思ったりもした。途中庭園の中をぐるぐる回ったり。だんだんどんな顔だったかも自信がなくなり、1時間ちょっと待って帰った。途中、大聖堂の鐘を何回か聞いた。

ラト駅から帰りの地下鉄に乗る前に駅の近くのレストランで食べたイワシのグリルがうまかった。イワシのグリルに白ワインビネガーとオリーブオイルをふりかけただけのシンプルさ。身をほぐしてパンに乗っけて食う。このシンプルさでこんなにもうまいのかと驚いた(sardinas asadas. 材料あればできるのでやってみてください)。

宿に戻ると「おまえどこにいるんだ?自分たちは真ん中のステージの上にいるけど」というメッセージが入ってた。一応その辺も見たんだけどなー。もう一度待ち合わせに挑戦するか5分くらい悩んで結局翌日の同じ時間に待ち合わせすることにした。信じることにしたんだから後悔はしない、ということにして。

翌日、子供が遊ぶエリアの近くにいると言ってたのでその辺をぐるぐる回りながら待つ。また約束の時間が過ぎた。寂しい気持ちになりかけた時に「あれ?この人知ってる」という顔の女性が目の前に現れた。宿主の奥さん、こういう顔だったと記憶が戻ってきた。

彼女に案内されて宿主と赤ん坊の待つ芝生のところへ。1年ぶりの再会。芝生に広げたシートに座って他愛のない話を30分くらい。記憶の中の容貌と微妙に違ってた。ちゃんと再会できて昨日の待ちぼうけも報われた気がして上機嫌で別れた。

同じレストランでまたイワシのグリルを食べて帰った。

リスボンには日が暮れたくらいに到着。宿に荷物を下ろして(ケバブ食って)寝て目が覚めて朝ごはんを食べたらコスタ・ダ・カパリカ(カパリカ海岸)へ向かう。去年サーフィンレッスン中に首の骨を折ったビーチ。その時は車に乗せていってもらったので楽だったけど、公共機関で行ったらなかなかめんどくさい場所だった。

市外に出る鉄道は市内の地下鉄とは会社も違うし本数も少ない。もともとわかりづらい切符の買い方もさらによくわからず。結局窓口のおばちゃんにいろいろ教えてもらってなんとか購入(買うというよりも毎回チャージする感じ)。帰りのチケットも買っときなさいと言われ購入。時刻表にマーカーで線までひいてくれる親切さ。

4月25日橋を渡ってテージョ川(タホ河?)の向こう側へ。駅を出てバス停まで歩くとすぐに「 Costa da Caparica」と書かれたバスが来たので、一応運転手に「コスタ・ダ・カパリカー?」と聞くが通じず。「コスタ?」と聞くと「イエス」と返事が帰ってきたので乗車。

バス代いくらだったのか、先に払ったのかあとに払ったのかも覚えてない。ただ海に着くまで30分くらいずっと立ちっぱなしで、ロータリーを回る時に車内で転がらないようにしっかりとバーを握りしめておく必要があった。

去年はビーチの駐車場まで車で行ったので全然知らなかったけど、バスが停まる場所からビーチまでは水着やサングラスを売っているお土産屋さんやレストランが並ぶ観光地だった。まだ風もまあまあ冷たいし人もそんなに多くなくて、ひなびた感じが漂っている。夏泳ぎに来るところなんだろう。

怪我をした例のビーチはバス停の場所から結構遠くて、海にたどり着いた後もビーチ沿いに結構歩いた。波が悪いのか風が悪いのか、サーフィンをする人も泳いでる人もいなかった。去年はあんなにいたのに。

ビーチに着いた。頭から突っ込んだあたりの海をゆっくり眺めてると、怪我をした直後のすごく不安な感情が戻ってきてドキドキした。そのままずっと海を見てたらドキドキも落ち着いてきて、「またここに戻ってこれて本当によかった」という気持ちのほうが大きくなってきた。

また戻ってこれて本当によかった。

my stuff

Categories

月別 Archives

powered by MTOS