September 2014 Archives

目標と地図のない世界(minecraftの話)

|

minecraft(マインクラフト)というゲームがあって、3ヶ月くらい前になんとなくやりはじめて、個人的には今まで味わったことのない種類のおもしろさを感じている。

パソコン版のほうはもう5、6年前からあるゲームで、自分がやりはじめたのはiPhone版。いわゆるPE(Portable Edition)です。PE版はまだ発売から1年経ってないのかな?まだバージョン1にもなっていない。600円くらいするけど。

まず、自分はゲームはそんなにしない。習得するのに時間がかかるゲームはやらない。あと終わりが設定されていてそこに到達するのに時間がかかるゲームはやらない。すぐに始められて、すぐにおもしろくて、いつでもやめられる、ゲームはそんなゲームがいいと思っている。

minecraftはおもしろい。やったことない人向けに自分なりのおもしろポイントを書いてみようと思った。動画をアップしてる人たちみたいにやりこんでるわけではないので、ある程度やったことある人にとっては退屈な説明かもしれないです。

サバイバルモードの話です。

「目標のない世界」

まず最初に「目標がない」ところがいいと思う。もちろん「死なない」ように気をつける必要はある。夜は出歩かないようにしてモンスターから身を守り、最低限の食べ物を確保し、高い所から落ちたり穴に落ちないように気をつける。でも生きてさえいればゲームは続く。特に何かをやらなくちゃいけない風にはなっていない。

目標はないけれど、楽しむ仕組みがたくさんある。

木を切って木材を作る。木材で加工台を作る。加工台があれば材料次第で高度なものが作れるようになる。扉、柵、ベッド、松明、金属製の道具や防具、パンやケーキ、いろいろ。

穴を掘るには硬い素材のツルハシが便利。木のツルハシでは砕けない硬い鉱石もある。硬い鉱石があれば硬い素材のものが作れる。レールを引いてトロッコを走らせたり、スイッチを作って自動機関を作ったり。(トロッコとか動く機関はまだ作ったことはないけど。今のPE版のバージョンでできるかどうかも知らないけど)

耕した土地に植物の種を植えることができる。植物が大きくなったら収穫してパンやスープなどもっと高度な食べ物を作ることができる。草をチラつかせてそこらへんに居る動物を誘導して柵の中で家畜化することもできる。

家を建てることができる。同じWIFIにいれば友達が家に遊びに来ることもできる!

作れるものはもっともっといろいろある。普通にネットで調べながらやる。

よし、あれ作ってみよう。て思ったら材料を見る。それが手に入る場所や必要な道具をチェックする。道具を作るのに必要な材料を手に入れるための道具の材料がなかったりして、モノによっては苦労する。

できると嬉しい。生活が楽になったりして成長を実感できる。その辺にいるモンスターを倒した経験値で勝手に強くなるよりも上質な嬉しさがある。

「地図のない世界」

最近のバージョンアップで世界が一気に広くなった。端から端まで走ってもたぶん30分位かかるくらいの広さで、今のバージョンには地図アイテムがない(生まれた場所だけを指すコンバスはある)。

世界は新しく作ることができて、最初に作られる時にランダムに作られるのでその世界のガイド本とかはない。目の前には山や谷や草原や海や砂地が広がり、その景色をどんどん進むことはできるけれど、もう一度その場所に戻ってくる確実な方法がない。目印として土を積み上げて松明を灯したりしてみたけれど、草が茂っていて近くを通っても大抵わからない。

気に入った地形を見つけて、家を作って畑を作って牛を飼って、装備を充実させると簡単には死なない状態、安全な環境を作ることができる。でも一時の気持ち一つで遠出をしたら戻ってこれない。「2、3日かけて作ったこの安全で便利な場所にはもう戻れないんだ」って思いながら出発する。「戻ってこれない」っていう要素がその移動をとてもリアルな冒険にしてくれる。

あてもなくウロウロしている時に思わず自分が以前住んでいた場所に辿りついたりするのもまた嬉しい。懐かしさを感じる。

たまたま今のバージョンだけかもしれないけど、「戻ってこれない」ってところが自分の一番気に入ってる要素だと思う。


初めて作った家。どんどん暗くなる中、材料バラバラで焦って作った。


この穴、どんだけ深いんだろ、と思う男子的な欲望を満たしてくれる洞窟がある。


近づくと危ないけど近づきたくなるものがある。


あそこに登ったらどんな景色なんだろう?と誘ってくる山がある。高いところから下を見下ろすと膝がプルプルする(個人差あり)。


閉所恐怖症なので、初めて深い穴を掘って見上げた時の地表の遠さにおののいた(だいぶ慣れた)。


人一人分の大きさの家を作って、動く星を見ながら朝を待つ。


芋を持ってると豚が寄ってくる。


最初の世界で装備も充実して慣れた頃に作った部屋。見栄えのいい家や庭を作るには結構センスがいる。


今よくやってる世界の生まれた場所の近くに作った家。


この景色は二度と見れないかもしれない。

minecraft PE、すごい勢いでバージョンアップされていてどんどんパソコン版に近づいていってるらしい。ちなみにパソコン版も買ったけど自分のノートパソコンが非力なようでファンが回りまくるのでやってない。

minecraft images

|

my stuff

Categories

月別 Archives

powered by MTOS