November 2008 Archives

indexprint

|

indexprint, originally uploaded by keepon.

アメリカツアーにはメインのカメラとしてフィルムカメラを持って行ったのです。フィルムはDNPのセンチュリアを20本まとめ買いしていきました。向こうで撮影したのは15本くらいでしょうか。

そして今日の昼に2本ほど現像に出してみたところ、1本しか写っていない。写っている方の一本は出発前の那覇空港までの写真。写っていない方はまったく写っていない。

ちなみに現像1本500円ちょっと、プラススキャン代が1本600円ちょっとかかります。合計1100円ちょっと。20本現像するとデジタルカメラが買えます。撮影失敗したフィルムは現像代の半額だけとられます。

さて、全滅の可能性におののきながらさらに4本現像。そしたら1本(到着1、2日目)は全部写っていた。そして2本がまったく写ってなかった。そしてもう1本が写ったり写っていなかったり(上の写真)。

僕のカメラは普通のカメラとは逆方向に下から写って行くカメラなので、下の方が古い撮影になります。ということはこれはちょうど写らなくなり始め、もしくはおかしくなりはじめのロールだったということでしょうか。だとしたらこれ以降のフィルムはほぼ全滅なのでしょうか?でも最後に1枚また写っているのはなんなんでしょうか。希望でしょうか。

このフィルムには到着2日目と3日目が写っています。残りの18日間の写真は果たして写っているのでしょうか。6本現像した時点で今のところ3日目以降の写真は出てきていません。

でも僕には残りの12本(2本足りない!)を現像しないという選択肢はあるのでしょうか。

紅ショウガ

|

紅ショウガ, originally uploaded by keepon.

紅ショウガで一品かせいでます。全部食ってたらお店のひとはびびるやろな。

サーターアンタギーがレギュラーサイズだったら超巨大定食になるなあ。

僕は沖縄にいるんですが、最近ほとんどテレビを見ないのでハイリミッツの「遠い未来の遠い昔」が沖縄のテレビCMで使われているのを知りませんでした。いつも僕経由でCDを買っている沖縄の友人が教えてくれました。

オキコパンこのCM
いきなり音が出ます。

鶴坊の歌(とりゅうちんのボトルネックギター)が沖縄で流れてると思うとちょっと面白い。鶴坊にも久しぶりに沖縄に歌いにきてほしいなあ。

8年近くもブログを書いていると似たようなことを書きづらくなってくるのは当然ありますが、今回は似たようなことを。音楽ありがとうの話。

僕の生活は音楽のおかげで動きがあるのです。音楽があるから旅があるし、音楽があるからヒトに出会うし、音楽があるから週末の夜にでかけるのです。

この連休は遠くから友人が来てすばらしい音楽を聴かせてくれました。そしてこちらの友人が集まる結婚式なんかにもいっしょに行きました。スーツ着て祝儀袋持って。そこでも歌ってもらって友人がまた友人に出会って、というようなことを見てさらにまたいい気分になりました。

僕は音楽をすることはほとんどなくてそのまわりらへんをうろうろしているだけなのです。でもそれでも音楽は僕にやさしくしてくれるわけですよ。嬉しいことです。ありがたい。

音楽でなくてもいいんすけど、生活する中でなにか「やらなければいけないこと」以外のことにやさしくしてもらえたらいいですよね。

きたきたくりもちっく

|

きたきたくりもちっく

合流済み。

eyemodule2で撮った写真1800枚くらい

|


photos i took with eyemodule2 in the last 2 years.
from keepon iida on Vimeo.

2分43秒。
見入るとちょっと酔います。

ここんとこ081119

|

アメリカから帰ってきた翌朝、目が覚めた直後に自分で何をしたらいいかまったくわからなくなっている自分を見つけました。思えば向こうにいる間は大体やることが決まっていたし、自分でやることを決めなくていいんだ、という状況で生活していました。そこにいてテキトーに過ごしているだけで自分の先入観の外のことをやれてしまうわけです。

まあ旅の間はそれでいいと思っているのですが、それがいきなり「そこにいる、というだけで充実感を感じる」ことのできない、いわゆる日常に戻ってきたわけです。んで僕は自分から自発的にエネルギーを出すやり方を完全に忘れてしまっていました。毛布の下の空っぽの自分の中にすーっと風が通ってちょっとした恐怖感を味わいました。慣れッてこわい。

ここんところはよく寝てます。時差ぼけというよりかはふて寝みたいなもんだと思います。まだまだ日常復帰には時間がかかりそうです。ここんところ昔より全然早い時間に寝てまあまあ早めに起きています。

あ、ちょうどいいタイミングでクリモティックが沖縄にやってきます。22日に浦添のgrooveということろでちえみJさんとしのぶTさんと1年ぶりの沖縄ライブをやってくれます。楽しみだなあ。でもキーポンミュージックTVの話はまだ出ていない。久しぶりにラジオやろうかなあ。クリモティックは新しい音源をひっさげてやってくるし、その新譜をコト細やかに解説してみたりとかいいかも。

しかし「引っさげる」って誰が言い出したんだろう。変な言葉だよなあ。引っぱって下げるのか?さらに引っさげられうるのはたぶん「新作」と呼べるものだけだ。僕もいつかなんか引っさげてみたい。

ハイウェイ(についてのメモ)

|

高速で走る長距離用の道路。ほぼ無料。

街と街の距離が遠い。どんなに遠くの街にだって丈夫な車やでかいトレーラーに載せて運んでいくぜ、というか運ぶしかない、っていう気持ちが伝わってきます。街と街はハイウェイによって結ばれていて、無料であるが故に日本の高速道路よりもより「道」として機能している気がします。日本の高速道路は時に選択肢のひとつになるけどハイウェイは唯一というか使うのが当たり前の手段。

信号はなく、車は血管を通る血液のようにずっと流れ続けています。インターチェンジもあらかじめ行き先を確認してからのぞまないと途中であれこれ迷っている暇はありません。広い国土を縦横に伸びているので90度に交わっているハイウェイがたくさんある。なのでインターチェンジもたくさんある。西向けに走っていると都市ごとに北向けと南向けに乗り換えるためのインターチェンジがある感じ。ちなみにインターチェンジっていうのは降り口のことではないです。ハイウェイとハイウェイを乗り換えるためにぐるぐる回るところね。

時速はキロではなくてマイル。まるで1.6倍の速さで自動車も消費も進んでいるんじゃないかと思ったりします(実際は時速120キロくらいで移動してた)。

キャンピングカーが多い。乗用車で引っぱっていたりとか乗用車のほうが引っぱられていたり。

料金所がないのでパーキングエリアもない。何マイルごとかにexitがあり、そこから出て行くとガソリンスタンドやファーストフードのお店やモーテルとかがある。ガソリンスタンドがたいていお店と一緒になっていてお菓子やコーヒーやらジュースやら食い物やらなんやかやが大体買える。ガソリンは自分で入れて自分でクレジットカードを通して勝手に払って帰るところがほとんど。

ハイウェイに並んでいるexitの看板の下にはそのexitにどういうお店があるかわかるようにそのお店やモーテルのマークが描かれている。僕が見たexitは全部数字だったと思う。eixt12とか。インターで乗り換えを間違えたら次のexitで降りてUターンして来ることになる。

465号線でも方面によって道路標識の表示には465southとか465northとか方角がつく。465号線南向けとかそういうことだと思う。

右側通行、右ハンドル。

きっとまた会える

|

一昨日の夜に帰ってきました。3週間のアメリカツアー生活の余韻の中を生きています。すこしだけずれたチャンネルを人知れず通っているような気分です。向こうで買ってきたTシャツを着っぱなしにしてます。

扉を閉めるときは後ろのヒトに以前よりも気を使うようになったし、ノートパソコンを買ってワイヤレス環境のカフェに入り浸りたくなったし、カウチとふかふかのカーペットがある居心地のいい部屋について考えるようになったし、お世話になったヒトたちがこちらに来た時にきちんとお返しできるように自分の生活を整えなきゃとも思っているし、漠然と新しいことを始められるような気持ちにもなっていたり、リハはなくてもいいんじゃないかと思ったり。

ほんと楽しかったです。旅の記憶はヒトの記憶です。この3週間、ジェイムスとジェイムスの友人達といっしょにいて楽しく過ごさせてもらいました。特に今回誘ってくれたeither/orのジェイムスと、いっしょに回ってくれたhusband&wifeのみんなには感謝しています。みんながいなくてさみしいとすでに思っています。きっとまた会える。

IMG_0135

SANY1807

SANY2114

SANY1795

SANY2309

希望

|
たくさんの人が大きな希望を感じる瞬間を目にした。選挙で選ばれた彼にたいしての希望、彼を選ぶことができる国であることを証明できたこの国や自分たちへの希望。

感動したわいな。

公園に行ってきました

|

紅葉がとてもきれいでしta。

my stuff

Categories

月別 Archives

powered by MTOS