" /> kato takao | weblog: 2015年04月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2015年03月 | Main | 2015年06月 »
2015年04月20日
4月のある土曜日の散歩

なんだかずいぶんとしんどい一週間で、心のどこかで土曜日を心待ちにしていた。
なんの予定もない土曜日を心待ちにするのは本当に久しぶり。
たぶん、15年ぶりくらいだ。

あまりに時間がないので、朝早くから会議が設定され、夜は半分仕事半分遊びの飲み会が毎日入り、帰ってから残りの仕事をして、明け方に眠り、また朝から会議。
忙しいだけなら別になんとも思わないんだけど、今やってる仕事が本当に世界を変える動きになってるのかどうかわからなくなるときがある。びっくりするほど小さな問題を解決するために時間をかけているときがある。
なあ、俺たちは、世界を熱狂させるために生まれてきたんじゃなかったのかい?

そんな毎日。
いつのまにかみんなでルールを作って、みんなで日々の仕事をこなしていて、「なんか普通の会社になっちゃったなあ」なんていいながら、みんなで目の前の仕事を消化する。
それを僕は心のどこかで望んでいた。
それを僕は心のどこかで憎んでいた。

4月のある土曜日。
やっとやってきた待ちに待っていた土曜日の午前10時に僕は目覚める。

もちろん彼女は僕が目覚めるのを待っていて、大喜びしながら僕の上にのっかかって来る。
「散歩に行こう」と彼女が言うので、「いいよ」と僕は言う。
僕は彼女の希望のほぼすべてのことに「いいよ」っていうことにしてる。
それで僕はパジャマを脱いで、準備をする。
せっかくの土曜日だから、ぱりっとしたシャツを着よう。
ややうすでのニットと、春コートを羽織って外に出る。

彼女はよたよたと歩く。
いつもの公園に向かって歩いていく。
車が来るからこっちへおいでというと僕の手を握る。
風が強いお昼で、草木が揺れる音がする。
「あ、ひまわり」と彼女が言う。
僕は「それはタンポポっていう花だよ」って教えてあげる。
「たんぽぽ」と彼女は言う。「これは?」と聞いてくる。
「それはぺんぺん草って言うんだよ」って僕は言う。
「ぺんぺん草」って彼女は言う。

時間が止まったみたいに時間が流れていて、強い風に吹かれて草木は揺れていて、雲の動きがずいぶん早くて、彼女はぺんぺん草を覚えて笑った。

まるで幸せみたいだなあと僕は思った。

公園に着くと、彼女はブランコに一直線で、僕に押してとせがむので、僕は彼女の背中をそっと押す。
ブランコに飽きると彼女は滑り台に向かう。
僕はそれをぼんやりと見ている。
体はうまく動かなくて、それを目で追う。
彼女がにっこりと僕に向かって笑うので、僕も笑い返すけれど、はたして笑えていたのかどうか。

ひとしきり遊んだ帰り道、彼女が道に生える草を指差して「ぺんぺん草ね」というので、僕はそうだよと答える。
雲がはやく流れていて、足元を枯葉が通り過ぎていく。
なぜか少しだけ泣きそうになる。
泣かないけれど。

何のためにがんばるのかなんて、必要なかった。
いつだって自分で壁を作って、いつだって自分でそれを乗り越えていけばよかった。
がんばる理由なんて必要なかった。
がんばっていればそれが意味だった。
でも、いつの間にかがんばる理由を必要としている。

僕は、ただの初期衝動のように、ロックンロールのように、目の前の何かをぶっ壊すことに夢中だった。
SCRAPすることに夢中だったんだ。

壊せないものをつくるなんて愚かなことだ。
どうせすべてが壊される。
ロックンロールの精神によって、ロックンロールが壊されたように。

なあ、もう俺は、いつだってぶっ壊す準備は出来てるぜ、と思っている。
いつだって、壊してやろうと思ってる。
自分が自分の趣旨を曲げるくらいなら、壊せるものはすべて壊すつもりでいる。
それで誰が悲しんだって、知るもんか!

もう一度思い出さないか?と僕は問う。
誰ともなく問う。
俺たちは本当にこんなふうになりたかったのか?
世界を俺たちの色に染め上げたかったのに、いつの間にか、世界に俺たちが染め上げられてしまってるんじゃないのか。

もうな、目の前のつまらないことにしばられるのはやめよう。
どこか遠くの彼女はそれじゃ救われないから。

思い出せ。
ロックフェスを作ったとき、ここから世界が変わると確信した。
今、僕らがやってることは、本当に世界を変えようとしてるのか。

彼女は散歩から帰って家に着いたら、「眠い」といって眠ってしまう。
僕は彼女の寝顔を見ながら、彼女を守りたいと思う。
そして、世界を変えてやろうと思うのだ。

彼女がもし僕みたいな人間だったときに生きやすいように。
世界中の僕みたいな人間が生きていきやすいように、世界を変えてやろうと、僕は思った。
そんな4月のある土曜日を僕は生きた。

kato takao** 20/4/2015 月曜日 01:34 | Link | TB (0) | コメント(0)

Archives
2015年12月
2015年11月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月