" /> kato takao | weblog: 2014年10月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2014年09月 | Main | 2014年12月 »
2014年10月20日
真夜中に本を買いにいく。

 京都に住んでいた頃は、よく夜中の二時とか三時とかに本を買いに行った。
 北大路通り沿いに24時間やっている本屋さんがあって、そこには週に二回ほど行っていた。

 真夜中の本屋さんにはドラマがある。
 夜中の二時にファッション雑誌を読みふける若い女性にはどこかしら哀愁が漂うし、20前後のもてなさそうな男子がマンガコーナーをぶらついてると、昼間の何倍も危機感を持てといいたくなる。60代の男性がカメラの雑誌で「女の子を上手に撮る方法」みたいな特集を読んでいると、勝手にいろんな物語を考えたくなっちゃう。
 
 もちろん僕も、何者でもなく、ただ本屋をぶらついていた。
 曲を作っている最中に行き詰って外に出ることが多かったから、音楽雑誌の前でよく立ち止まった。
 お金がなかったからなるべく立ち読みで済まそうとした。
 あの頃欲しい本が山ほどあったのに買えなかった。
 今は買おうと思えば買えるのに、そんなにほしい本がない。買っても読む時間がないからなあ。

 三ヶ月くらい前にふと「俺ってぜんぜん最近文化に触れてないなあ」と思った。
 映画を見ることもなく、本を買うこともなく、演劇を観にいくこともない。
 ずっと仕事をしてて、あとは飲んで眠っている。
 もちろんまったく触れないわけじゃないけれど、僕が触れるものの90%以上が仕事絡みか、仕事に役立つ可能性があるものになっていた。
 こんなのやだなあと思って、いろいろ読んだり観たりするように心がけている。
 心がけてそんなことするもんでもないんだろうけど。

 ほんの数年前までは、自分のための時間が無尽蔵にあった。
 むしろ人生ってのは暇をどう潰すかを考えるためのものであった。
 でも今は、友人とちょっと飲むだけでもずいぶん調整が必要になる。
 悪いことだけじゃないけれどよいことだけでもない。

 さっき「ミミズクと夜の王」という本を読み終わって、もう一冊本を読みたいなあと思った。
 この本はいわゆる「ライトノベル」といわれるジャンルのものでさくっと読めてしまったのです。ただ、さくっと読めてしまうけれどきちんと重厚で素敵な本だったのだけど。
 で、「もう一冊読みたいなあ」と思ったのが本当に久しぶりで、夜中に外に出て「まだ出会っていない何か」を探しに行きたくなるのがびっくりするくらい久しぶりで、その時の気持ちを思い出して、急に京都の夜のことを思い出した。
 
 京都の夜は普通の夜よりも夜が深い。
 東京の夜は融合してるけど、京都の夜は個別にぴきぴき存在してる。
 夜の中でいろんな創造的衝動がぱちぱちぶつかっている。
 けんかするんじゃなくて、ただぶつかってるだけなんだけど。
 それがどこかのなにかにつながるわけじゃないんだけど。

 忘れ物をね、してきたんです。
 京都の町に。
 取り戻しに行くつもりはないんだけど。

 夜の深みの中で、ふと次に読む本をを探しに行くような、そんな心持は素敵だなあと、思ったのです。
 まだ見つけてない可能性や、忘れてしまった感情を思い出したくて、外にふらりと出たあの頃のことって、多分これからしょっちゅう思い出すようなことじゃないから、備忘録です。


kato takao** 20/10/2014 月曜日 03:59 | Link | TB (0) | コメント(1)

Archives
2015年12月
2015年11月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月