" /> kato takao | weblog: 2014年03月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2014年02月 | Main | 2014年04月 »
2014年03月16日
3月15日のこと

今調べてみたらあれは、1996年の11月だった。
大阪市立大学の学園祭でフィッシュマンズを見た。
「チャンス」っていう曲がやけに耳に残った。
キーボードの女性が金髪でかっこよくて、目を引いた。

そこからの4年間はもう狂ったようにフィッシュマンズばかり聞いていた。
クアトロのライブで泣きまくって、踊りまくった。二時間ぶっつづけのライブの後、アンコールの1曲が「ロングシーズン」という40分の曲でイントロを聞いたときに死ぬほど興奮した。もう終わったと思ったライブが今から40分続くのだ!!と気づいた瞬間の感動を忘れることはないだろう。
フィッシュマンズはその時、僕のたった一つの光だった。
その光の方を向いていれば、それだけで幸せだった。

15年前の3月15日。
フィッシュマンズのボーカルの佐藤さんが死んだとき、僕は京都の印刷会社で営業をしていた。
いろんな企業や、大学を回って、印刷の仕事をもらっていた。
音楽活動もしていたけれど、週に一回練習をして、月に一回ライブをするくらいだった。

15年前の今日、佐藤さんが死んだというニュースを、会社の桂さんという先輩から聞いた。
あの日に、僕の人生は動きだした。
その数ヵ月後、僕は会社を辞めた。
僕が、佐藤さんの後を継いで音楽をやろうと思ったのだ。

僕は会社を辞めて、その半年後にロボピッチャーを結成する。
フィッシュマンズの方に向かって歩いていられたら、後はもうどうなってもよかったんだ。
10年先の事どころか、一ヶ月先のことも考えてなんかいなかった。

もしあの時、佐藤さんが死んでなかったら、会社を辞めてなかったかもしれない。
そしたら、SCRAPもリアル脱出ゲームも生まれなかったかもしれない。
今サンフランシスコで起こっている熱狂も生まれなかったのかもしれない。
僕は印刷会社の(優秀な)中間管理職として、課長くらいにはなれてたかもしれない。

15年前のちょうど今くらいの時間に、もうフィッシュマンズの新曲は聞けないのだと思って、心の底から怖くなった。
もう新しい扉は開かない。
待っていても何も生まれないことに気づいたのだ。
誰かが、僕が望むものを新たに生み出してくれることは、金輪際ないのだと知ったのだ。
自分がからっぽで、何者でもなくて、ただの自意識だけが肥大した愚か者だと、その時に知った。
そこで生まれた恐怖に打ち勝つには、自分で何かを作り続けるしかなかった。

15年前。
会社の行き帰りに、ウォークマンでフィッシュマンズを聞いているときだけ、心が動いた。
それ以外の時間は死んでいた、あの頃のことを最近よく思い出す。
僕は今ここにいて、たくさんの人たちと、たくさんのものを作っている。
毎日心が動いて、幸せでありたいと願い、幸せにしたいと願っている。
幸せになることはないけれど、毎日切に願ってはいる。

たどり着く過程にあるものが、刹那の幸せだよ。
通り過ぎたら、また次を探す。
たどり着くことなどないという矛盾こそが、人生の意味だ。

フィッシュマンズにすべて教えてもらったとはいわないし、佐藤さんが死んだから今の俺があるともいわない。
でも、もしフィッシュマンズの音楽がなかったら、たくさんのことに気づかないまま死んでいっただろう。
人を悲しませるよりも、楽しませることのほうが面白いって事にすら気づかないまま、死んでいったかもしれない。

切に感謝を。
本当に、心からありがとうございます。

kato takao** 16/3/2014 日曜日 02:31 | Link | TB (0) | コメント(0)

Archives
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月