" /> kato takao | weblog: 2013年11月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2013年10月 | Main | 2014年01月 »
2013年11月18日
巨大神殿からの脱出について

今、巨大神殿からの脱出の全公演を終えて、撤収も終えて、スタッフとのささやかなミーティングを終えて帰宅した。
「謎解きをフェスティバルにする」というコンセプトで作った公演。
僕らの原点にはフェスがある。
音楽フェスティバルを10年間作ってきたノウハウでリアル脱出ゲームを運営してきた。
リアル脱出ゲームを本当のフェスにするにはどうすればよいかをずっと考えてきた。

一公演3000人がどの程度の人数なのか作っているときにわからなかった。
なにせ世界記録だ。
まだ誰もやったことのない公演を作るのに、わかるはずがない。
恐る恐るやってみた公演が、アンケートを読むと驚くほど高評価で本当にびっくりしている。
かつてないほど、イベント会場で次の公演のチケットが売れ、びっくりするほどグッズ売り場に人が並び、かつてないほどたくさんの人たちに声をかけられ、関わってくれたたくさんのスタッフがまた参加したいと言ってくれた公演なので、多分成功といってもいいんだろう。本当に成功だったのか失敗だったのかは10年後くらいにわかることなのかもしれないけど。

もちろん、批判もたくさんありました。
でも、これだけたくさんの人たちが参加するイベントなら、当然批判は一定数ある。
僕はあまり批判を気にしないし、批判によって自分の意見を変えることもない。
大体自分の意見を変えないときのほうがうまくいくことを知っている。

だけど、今回は初めての規模の公演だったので、珍しく一日目の夜にアンケートを読み込んだ。
その中のとある漫画家さんが書いてくれた一通が、本当に胸が張り裂けそうになるくらい響いた。
そこに書かれていたことは、もう謎解きイベントの真髄といってもいいくらいのことだ。
だからここで詳細は書かない。宝物だから。
でも端的に言うと、「今回の前半の謎は、まるで日常のようだ」と書かれていた。

この数年間、強烈な流れに乗せられるようにやってきた。
最初に思いついたときの「物語の中に入れる体験を作りたい」という気持ちが揺らいだことは一度もない。
僕が作りたいのは質の高い謎ではなく、質の高い物語体験だ。
その理念を忘れてたわけじゃない。でも、ゲームの構造を意識するあまり、日常と非日常の区別を見誤っていた。
一通のアンケートのおかげでそれに気づくことが出来た。

詳しくは言えないけれど、その夜に謎の調整をした。
断じて言うが謎自体はほぼ変えていない。
しかし、謎を解くという行為を「作業」に感じさせない工夫をした。
それ以降の公演は、まるで別の公演のようにグルーブが生まれた。
謎は変えていない。演出も基本的には同じ。でも、ちょっと人の流れを変えただけで、がらりと景色が変わった。
その後はもうまるで奇跡みたいにイベントが勝手に動いていった。
初めてリアル脱出ゲームを発明したときみたいな発明を、僕らは今日したんだと思う。

一日目の公演が商品に値しないほどひどかったとは思っていない。
ただ二日目の公演のクオリティーが異常に高かっただけだ。
多分、世界中の謎解きイベントで、もっともたくさんの人たちが声を上げ、拍手をし、笑っていた公演だったと思っている。個人的にね。

今回の公演が成功だったか、失敗だったか。
それは来た人が決めたらいい。僕らが決めることじゃない。
でも確実に言えることは、僕らは3000人規模の謎解きイベントを運営するノウハウを手に入れたってことだ。
今回のイベントを糧に次はもっとすごいイベントを作ることができる。
3000人規模のイベントを制作できたからこそ作れる100人規模のイベントがあり、10人規模のイベントがあるのだと確信している。

久しぶりに、心から達成感を得られるイベントを作りました。
やってよかったな。本当にしんどかったけど、ちゃんと最後まで走りきることができてよかった。

関わってくれたすべての人たちに心から感謝を。
そして、クラタスというあのすばらしいロボットに最大級の賛辞を。
とんでもない熱量で作られているあの伝説のロボットは、きっと世界を変えていくと思う。

今回の公演で謎解きがフェスティバルになったかと問われたら、それはそんなことない。
あのロックフェスの熱狂にはまだまだ遠い。
でも、その足がかりはつかんだ。
次は、たぶん、出来る。

もっと書きたいことがいっぱいあるけれど、もう疲れが限界のようです。
少し眠って起きたら、京都に旅立ち「魔王城からの脱出」のデバッグ公演です。
さあ、立ち止まらずに、どんどん作ろう。
作れば作るほど、作りたいものが増えていくよ!!

最後に、一日目一回目の公演にお越しいただいた方々。
機材のトラブルにより。一部の映像が見られなくなってしまいました。
心からお詫び申し上げます。
今YOUTUBEとかで流せないか調整中です。
本当にすいませんでした。

では、みなさま。
また次の謎がある場所でお会いしましょう。
お元気で。
お越しいただき本当にありがとうございました!

kato takao** 18/11/2013 月曜日 03:47 | Link | TB (0) | コメント(0)

Archives
2014年01月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月