" /> kato takao | weblog: 2013年10月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2013年09月 | Main | 2013年11月 »
2013年10月28日
ボロフェスタに行かなかった一日

ボロフェスタに行かなかった。
三日間行われた京都のロックフェス。
12年ほど前に、僕と3人の友人とで立ち上げたイベント。
僕は9年代表として関わって、三年前に抜けた。
でも、去年と一昨年はちゃんと観にいった。
今年ははじめて行かなかった。

ボロフェスタに行かなかったけれど、そこでどんなことが起こっているかはわかる。
熱狂だ。
たくさんの人たちが、大量の熱量を持ち込んで、こつこつと一つずつ手作りでものを作り、とんでもない時間をかけて流れを考え、その結果つみあがった場所にだけ訪れる特別な時間がボロフェスタには必ず訪れる。
きっとKBSホールのカーテンは開き、ステンドガラスが完璧なタイミングで顔を出し、人々はこぶしを突き上げ熱狂し、スタッフが疲れ果てた熱情に突き動かされるように場を進めていく。

あれは、僕らが作った。
でも、もう僕の場所じゃない。

今日はあまりにも天気がよかったので、新宿御苑に散歩に行った。
風が吹いていて、ジャケットを着ていても肌寒くて、木々がそこらじゅうで揺れていて、芝生を子供たちが走っていた。
靴を履いた子供が、僕に向かって歩いてきた。
僕は立ち止まって見つめる。
彼女は僕を通り過ぎて、お母さんに飛び込んでいく。
きゃあと叫んで二人は笑い合った。
風が冷たくて、手に持ったカフェオレは冷めている。
僕は、今京都で行われているロックフェスについて考えていた。

仕事があったから京都に行けなかった。
けど、選んだのは僕だ。
僕は映画の舞台で挨拶をして、テレビの収録で「謎解きゲームの作り方」について講義した。
スーツを着てネクタイを締めた。
まるでビジネスマンだなと思った。

ほんの数年前まで、酔っ払って熱狂した数百人に音楽を叩きつけていればそれでよかった。
声が届けば届くほど良かったし、空気が震えれば震えるほど良かった。
世界はシンプルで、演る人と、聴く人だけがいた。
後は笑って、酔っ払っていれば時間が流れた。

この二日間、僕は謎を作らず、司会もせず、企画を考えず、文章も書かず、歌詞も書かず、メロディーも作らなかった。
舞台で挨拶して、テレビでしゃべった。
僕がいる場所はシンプルではない。
僕はもう僕の破片を叩きつけるようなものづくりはしない。
僕の破片をかき集めて、こっそりとエンターテイメントの中に忍ばせている。

もう爆弾じゃ世界は変わらないと思ったのだ、
内側から浸み込む遅効性の毒で世界を変えてやろうと思ったのだ。

京都で行われた伝説のライブに心から敬意と嫉妬を。
俺は東京で、こっそりと幸せに生きていました。

kato takao** 28/10/2013 月曜日 02:51 | Link | TB (0) | コメント(0)
2013年10月14日
情熱大陸について

人生において、自分が特集されるなんてことが起こるとは想像もしていなかったし、それが昔から観ていた情熱大陸だなんて本当に心の底から、人生は何があるかわからんと叫びだしたいけれど、とにかく一ヶ月ほど密着されて、たくさんのことをカメラに向かって話して、たくさんの後姿を撮られて、番組が出来上がって、無事放送されました。

とんでもないリアクションがあるのかと思って身構えていたけれど、特にそんなでもなく、僕は部屋で一人平穏にblogを書いております。ビールを飲んでいて、とてもセクシーな黒のジャージをはいています。ユニクロです。

情熱大陸の取材班さんは主に二人で行動しておられて、とてもかわいらしい女性カメラマンと、なんとなくぼんやりした愛され系ディレクターの二人でした。
夜の遊園地@ひらぱーの取材のために三人で大阪に向かったのですが、品川で新幹線に乗って、その三分後に二人が寝てしまったのを見て、テレビの世界は厳しいんだなと思いました笑。
僕だけ一人で仕事してました。

もっとうまくしゃべればよかったなあとか、あのシーンは使われなかったんだなあとか、もっとちゃんとした服を着てればよかったなあとかいろいろ思うけれど、まああれが僕の日常です。いつもソファーか自分の椅子にだらーんって座りながら企画を考えたり、ネットゲームしたり、おもしろいマンガを探したりしています。

ちなみに、僕が情熱大陸にノミネートされたのはこれが三回目です。
一回目はもう三年前。「ファッションショーの華麗な秘密」の会場で突然声をかけられました。
二回目は二ヶ月前。
そして、三回目で出演できることになりました。

情熱大陸をみて、これは全部ほんとだけど、これは全部うそみたいだと思った。
誰かが切り取った僕を僕が僕を見るっていう体験はしたことがほとんどないから、自分の日常を自分で見るのはとても奇妙な感じでした。

「これでメジャーですね」とか「チケットがめちゃくちゃ動きますね」とか「次がプレッシャーですね」とかいろいろ言われるけれど、あまり気にしてない。
情熱大陸の前にリアル脱出ゲームがそもそもこんな規模で猛烈に世界中に広まっていくなんてことは想像していなかった。「めちゃくちゃ広がるだろうなあ」とは思っていたけれど、こんな風になるとは思ってなかった。だから、情熱大陸をきっかけに襟元を正すつもりはない。

ただ、今回クローズアップされた「何者でもなかったクリエイターが、どーんと成功する物語」みたいなものは意外と大切な物語なんじゃないかと思う。
クリエイターっていう言葉は、なんとなく広告を作ってる人や、アートディレクションする人に使われることが多い気がする。
そして、そういう人たちは、よい大学を出ていて、よい会社に入って、なんか賞とかとって独立して「クリエイター」という肩書きを手にする(ように思う)。
でも、クリエイターがそもそもの意味の「創る人」であるなら、とんでもないアイデアが一つあればもう誰でも世界中に羽ばたくクリエイターだ!っていうメッセージはきちんと常識として広まって欲しいなと思う。
まだ世界には思いつかれていないことがたくさんあって、それを思いつくために必要なのは学歴でも会社の格でもなく、君のその生き様の中にあるのだ!!!
とか、いってみたり。

僕は、本当に世界に振り向いてもらえないクリエイターだった。
近くにいる人たちを巻き込むことは上手だったけど、遠くにいる人たちを振り向かせることは出来なかった。
だけど、たった一つのアイデア、たった一つの言葉を見つけただけで、普通じゃ考えられないくらい遠くの人たちにまで届いた。
この「おとぎ話」は価値があるんじゃないかと、今日の放送をみながらぼんやりと思った。

世界は平等ではないと思っている。
さまざまな格差があり、国別の事情があり、世代にによる隔絶もある。
でも、それらを凌駕するとんでもないアイデアがあるのならば、そのすばらしいアイデアの前で人間は平等である。
などと、言ってみてもいいんじゃないかと思っている。
それを証明するための実験をSCRAPはずっとやってるのだ。

なんにせよ、観て下さったみなさま、本当にありがとうございました。
あれは僕です。
でも僕の一部ですよ。

情熱大陸のスタッフの方々の「情熱」には本当に恐れ入りました。
カットされた膨大な映像データは消え去っていくのでしょうか。
マーブルの太田さんのインタビューとか見たかったなあ。せっかく男前なのに。
あと、ある朝にカメラマンさんと一緒に事務所に入ったら、なんか徹夜明けの女の子が倒れてて、ちょっとした騒動になったシーンとかもカットになってましたね。ありがとうございます笑。

明日からも相変わらず、こつこつとものを創っていくと思います。なにせ「クリエイター」として紹介されましたので。
僕に会うことは少なくても、僕の作ったものに出会うことはたやすいと思います。
どうぞみなさま。
リアル脱出ゲームと株式会社SCRAPを、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
僕らのささやかな「情熱」が、この夜を境に世界中に広がりますように!!!

リアル脱出ゲーム http://realdgame.jp/

kato takao** 14/10/2013 月曜日 02:58 | Link | TB (0) | コメント(4)

Archives
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月