" /> kato takao | weblog: 2013年09月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2013年07月 | Main | 2013年10月 »
2013年09月27日
「潜水艦ポセイドン号からの脱出」を終えて

毎日ずいぶんばたばたと過ごしている。
なかなかこうして文章を書く時間をとることも出来ない。
へとへとに疲れて帰ってきて、ぱたりと寝て、目が覚めたらすぐ会社に向かう。そんな日々だ。
でも、今日はちょっと書きたいことがある。

二日ほど前に「潜水艦ポセイドン号からの脱出が千秋楽を迎えた。80回以上公演し北海道から九州まで周ったちょう大型の全国ツアーだった。最終の集客数は32000人。
この作品を僕は、僕の代表作にしようと思って作り始めた。

僕がこの脱出ゲームを作り始めたころ、日本はずいぶん他の国との関係が悪くなっていた。
僕は仲の悪い国の人たちの中に、仲がいい人がいたのでちょっと気まずい思いをしていた。
どこの国にも思いやりのある人もいればない人もいる。それを国民性と割り切って全体を悪く言うのも、全体を悪く言われるのもなんとなく違うなと思っていた。
ふと気がつくと、戦争が近づいてきているように思えた。
誰かを叩きのめしてやりたいという強い欲求が国にあるように思えた。
叩きのめしてやりたいと我々も思われているように思えた。

僕は戦争には反対したい。
だって、とてもつらそうだし、たくさんの人が死ぬし、悲しみが蔓延するし。
でも、戦争を完全に拒否したときに、軍備も持たず誰にでもいつでも侵略できちゃう国に住むのもなんとなく不都合な気がする。
僕らの目の前には本当に道が二本しかないのかなと僕は疑問に思っていた。
戦争をする覚悟を持つか、平和を掲げて対話に頼るか。
その二つのどちらがいいと思う?と突きつけられている気がした。
僕は、そのどちらの意見にもくみしない。
僕はその二つの意見の間で「葛藤」していたい。
そんなことを思っていた。

「潜水艦ポセイドン号からの脱出」において、僕はその「葛藤」をエンターテイメントに昇華できないだろうかと思った。
ミサイルを撃つことと、撃たないこと。
どちらにも言い分はあると思うけれど、撃つ前に撃たない可能性について考えるべきだろうし、撃たないと最初から決め付けるのも弱腰すぎる。
その葛藤の中に、エンターテイメントがあると僕は思った。

ミサイルを撃つか、撃たないか。
僕が作りたかったのは、その国民的感情のぶれすらエンターテイメントが包み込んでしまうのだぜ、という宣言だった。
エンターテイメントを通して、その葛藤の存在に気づけるという提言でした。

えらそうに演説するつもりはない。
戦争をやめよう!というメッセージを込めたわけじゃない。
戦争して他国を叩きのめそう!などと毛ほども望んでいない。
でもその中間には、言葉では規定できない色鮮やかで素敵なもやもやがあるのだ。
それを現出させてみたかったのです。

それが出来たかどうかはわからないけれど、今回もとんでもなくすばらしいスタッフたちのおかげで、超一流のエンターテイメントになったことだけは確信している。
たくさんの人たちにありがとうといわなくてはならない。
東京のスタッフには打ち上げでありがとうと伝えることが出来たけれど、異常に先鋭的な演出を考えてくれた京都のスタッフたちにも心から感謝したい。
各地方でこの公演を丁寧に形にしてくださったたくさんの方々に本当に感謝を。
そしてなにより、このゲームのチケットを買い、ゲームを遊んでくれて、悔しくなったり歓喜の瞬間を味わってくれたあなたに最大の感謝を。
あなたが、このゲームに戦争の影などほんの少しも感じずに楽しんでくれたことを望みます。
だけどいつか、あなたが「ミサイルを撃つべきだ!」と強く確信した時に、こっそりこの公演があなたの心に影を落とすことも望んでいます。

あの唐突に現れる伝説の守り神は、ただの空想の産物ではあるが、「ミサイルを撃たない」と決めた時にひょっとしたらやってくるのかもしれない、世界の守り神なのだ。俺の中ではね。

最後に、電車の中でぽろっと「戦争をテーマにリアル脱出ゲームって作れないのかな?」と言ってくれた飯田君に心から感謝を。
その期待に応えられたのかどうか、まだわかってないけれど。

kato takao** 27/9/2013 金曜日 03:37 | Link | TB (0) | コメント(2)

Archives
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月