" /> kato takao | weblog: 2013年03月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2013年01月 | Main | 2013年04月 »
2013年03月02日
乾杯について

人生の中の忘れられない瞬間、みたいなものが僕にはいくつかある。

はじめてライブをしたときのこととか、憧れのライブハウスに出演できたときのこととか、東京ドームで最後の謎の答えを言ったときに会場がゆれるみたいな歓声に包まれた瞬間とか、はじめてのリアル脱出ゲームで最初の成功者が出た瞬間とか。

でも、とりわけよく思い出すのは、乾杯の瞬間です。
ボロフェスタの打ち上げで「乾杯!」って僕が叫んで、その場にいた100人くらいがめちゃくちゃにぶつかり合いながら必死で乾杯した瞬間のことを時々思い出す。
あの時、ものすごくやかましい会場で、僕は誰よりも大きな声を出して「さあ全員ビールを持て!」って叫んだ。
乾杯までの異常な盛り上がりの中、もう何日も満足に寝ていないぼろぼろの若者たちがあらゆる圧力から開放されて、心のそこから乾杯をした瞬間でした。僕はその時たぶん33歳くらいで、スタッフはほとんどみんな20歳前後だった。
あの瞬間に僕は「このイベントをやってよかった。成功してよかった」と心から思ったのだけど、それは「生まれてきてよかった」という感情とほとんど同じだったような気がする。

ボロフェスタの打ち上げは毎年とても印象に残っている。
あと、「あるスタジアムからの脱出」の打ち上げもずいぶん楽しかったな。
打ち上げ中にユーストリームをやったりした。
一番たくさん笑った打ち上げは「若気の至り」っていうNHKと一緒に作ったイベントの打ち上げだと思う。あんな面白い時間はなかった。

そんなことをふと考えていて、なぜあの瞬間が楽しかったかといえば、それはずっと現場にいて、ずっと最前線でお客さんと接していて、何日も何日もずっとそのことを考え続けて、作り続けて、運営し続けて、その抑圧から一気に解放される喜びと、成功した誇らしさが爆発する時間なんだろうなあと思った。

僕はもう、現場にはほとんど顔を出さない。
昔何度も友人たちと話した言葉がある。「現場に出ない奴は使えない奴だ」って。
現場でラチェットを使って単管をくみ上げたり、イントレを何十台も作ったりする作業をしない奴は結局何にもしてないと同じだと思ってた。
でも、僕は今は現場で最初から最後まで面倒見たりはしない。
出来ないと言ったほうが本当は適切だ。

先週の週末にはリアル脱出ゲームは世界中で10箇所以上で行われていた。
僕がその司会をすべてするのはもちろん無理だし、運営として現場に行くのも無理だ。
僕はなんとその時、家でビールを飲んでいた。

世界中でリアル脱出ゲームが行われているときに僕は、次のリアル脱出ゲームを作っている。
まだ誰も体験したことのない空間について考えている。
そのことはとても楽しい。
そのことは時々とても寂しい。

何日も一緒にイベントを作った仲間と、心から笑いながら乾杯をまたしてみたいな。
いつかリアル脱出ゲームが誰からも忘れられるコンテンツになったときに、ずっと現場に出て目の前にいる人たちだけを楽しませるイベントを作りたいな。
実際に自分の体温を切り売りして、イベントの熱を上げるようなイベントの作り方をいつかまたしてみたいな。

楽をしたいと願ったわけじゃない。
効率よくしないと回らなくなってしまっただけだ。
それで生まれたこともある。
そこで失われたものもある。

文化祭をしようって僕はスタッフに言った。何度も言った。
しかもこれは、学校の中の文化祭じゃないんだ。世界中を巻き込む文化祭なんだぜ。
文化祭みたいにペンキまみれになりながら、ぼろぼろになりながらアジトを作ってるスタッフを見ると、ありがとうと思う。そして、死ぬほどうらやましいとも思う。
でも、もし今僕らが作ってるものが「世界に向けての文化祭」であるならば、本当に面白いのはここからだ。
たくさんのイベントを作って、たくさんの乾杯をしたいなと思います。
最高の乾杯には、生まれてきた意味がある。

これからも、たくさんのスタッフがSCRAPのイベントに関わって、ぼろぼろになりながらイベントを作り上げ、その達成感の中で最高の乾杯をしてくれたらなと思う。
もちろん、俺もこっそりと参加して乾杯するつもり。

kato takao** 02/3/2013 土曜日 02:33 | Link | TB (0) | コメント(1)

Archives
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月