" /> kato takao | weblog: 2012年08月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2012年07月 | Main | 2012年09月 »
2012年08月26日
「本当のマジックショー」について

僕が高橋ヒロキさんに会ったのはいったいいつだっけ?二年半くらい前だと思う。
事のいきさつからして少し不思議な感じだった。

まず僕は二年半前にカルチャーカルチャーという場所でリアル脱出ゲームを作らなくちゃならなかった。
タイトルを必死で考えていた時に、なぜか「リアル脱出ゲームがちょっと不思議な空間で謎を解くのであれば、マジックが生み出すちょっとした不思議も同じだし、マジックのタネを明かしたくなるような感覚は謎解きそのものだろう」という強引な理論の元「マジックショーからの脱出」というタイトルをひねり出した。

その場にいた全員から「マジシャンはどうするんですか?」と聞かれたが「さあ、そんなの本番までに何とかなるんじゃないの?」と思っていた。
その翌月にSCRAPMEETINGという企画があり、「クリエイターの人たち集まって飲みましょう!」というのんびりとした企画だったのだけど、そこになぜかわざわざ横浜から京都までやってきてくれたのが高橋ヒロキさんだった。
「はじめまして、高橋ヒロキです。職業はマジシャンです」と彼は言った。
まだそのときは「マジックショーからの脱出」は告知スタートしていない時期だったので、マジシャンが僕らの飲み会にやってきたのは本当の偶然だった。うそみたいだけど。

僕はずいぶん酔っ払っていて、プロである彼にすごくいい加減に「じゃあここでマジックをやってみてよ」といった。
彼はこういった。
「僕が主役になっちゃうけどいいですか?ご迷惑じゃないですか?」
すごいこというやつだなあと思ったけれど「いいよ、やってよ。」と僕は言った。

そこからの10分間のことを言葉にすることは僕は出来ない。
本当に本当にすばらしい時間だった。
ありきたりな言葉しか使えないけれど「まるで奇跡みたい」だった。
当たるはずのないことが当たり、ないはずのものが出現して、あるはずのものがなくなった。

僕はもうものすごく興奮してしまって、「何か一緒にやりましょう!」と言った。
そして、その後朝まで飲んだ。
なぜか僕は激しく酔っ払っていてSEXについての話をとうとうとしていた、らしい。

「マジックショーからの脱出」のマジシャンはもちろん彼に決定した。
そこから彼とSCRAPとの親交が始まる。
高橋ヒロキさんは映像作家としても力のある人で、SCRAPのイベントの映像はかなりの部分彼にお願いしている。
最近で言うと「月面基地からの脱出」のあのすばらしく感動的な映像はヒロキさんの作品である。

さて。
長い前置きになってしまったけれど、ここからが本題です。
高橋ヒロキさんが「本当のマジックショー」と題して、マジックショーを行います。
場所はもちろん原宿ヒミツキチオブスクラップ。
僕はずっと、ヒロキさんのマジックをもっとたくさんの人たちに見てもらいたいと思っていて、イベントの中の一つとしてじゃなく、マジックこそがそのイベントの揺るぎがたい中心であるイベントをやりたいと思ってた。
今年の2月にSCRAPはお店を持ち、ついに僕は自分の大好きなものをプロデュースして世に出す場所を手に入れた。

僕らが本当に大好きなマジシャンの、とんでもなく素敵で不思議なショーをぜひ一人でもたくさんの方々に見ていただきたいと思っています。
彼のマジックをなるべく簡単な言葉で説明すると「少しの不思議からとてつもない感動を生むマジック」です。
京都の事務所で彼がマジックを披露してくれたときにスタッフの女の子が泣き出して涙が止まらなくなったのをみて、僕は妙に納得してしまったのを覚えている。
彼のマジックは、感情に結びついていて、ただの物理的な驚きではない。

「本当のマジックショー」
@原宿ヒミツキチオブスクラップ
9/1(土)、9/2(日)
http://realdgame.jp/ajito/?p=2405

よかったらぜひお越しください、
その後の人生が、たぶんちょっとした割合で素敵になります。

kato takao** 26/8/2012 日曜日 03:18 | Link | TB (0) | コメント(0)

Archives
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月