" /> kato takao | weblog: 2012年05月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2012年04月 | Main | 2012年06月 »
2012年05月07日
辞めていく彼女

彼女がSCRAPを辞めると切り出したのは今年の初めくらいだったと思う。
事務所の近くの中華料理屋で僕と飯田君と彼女の三人で話した。
ささやかな理由とささやかな覚悟がそこにあって、僕は止めたりなんかまったくしなかった。
それはとても素敵な理由だったから、それを支えようとだけ思った。

彼女と初めて会ったのは5年くらい前になるのかな。
なんだかおっとりとした空気を纏った人だと思った。
人懐っこくて、融通が利いて、味方になりたい人の味方になる人だと思った。
そして、彼女が僕らの味方であることは一目でわかった。

彼女のおかげで3年前の公演(終わらない学級会、図工室からの脱出)は問題なく終わった。
打ち上げの場所で彼女は「とても楽しそうに働いてて良いですね」と僕に言った。
僕はげらげら笑いながら「一瞬先はわからないけれど、とにかく今は楽しいね」といった。

いろいろあって、彼女がSCRAPに入ることになった。
飯田君と僕と彼女と三人で何度も話した。
東京でSCRAPのイベントを動かす上で、もはや東京に事務所を作らなくちゃならないって話になった。
「だから、東京を三人で盛り上げよう」と僕は言った。
彼女は「加藤さんがコンテンツを作って、飯田さんが運営をするとして、私は何をするの?」と言った。
僕は「あなたの仕事はアイドルだ」と言った。
アイドルでいてくれたらいい。その場所を明るく照らしてくれさえすれば、あとは俺たちが何とかするから、と。
彼女はなんとなく納得したような顔で「わかった」といった。

もちろん、彼女は弊社のアイドルとして大きな役割を果たしてくれたけど、残念ながら彼女はただのアイドルではいられなかった。
その後弊社が巻き込まれた怒涛の嵐の防波堤に彼女はなってくれていた。
そして、爆発的に増えていく運営上の仕事と広報の仕事を彼女はこなした。
まるでアイドルの絶頂期並みの仕事を彼女はこなし続けたと思う。
そういう意味では僕の予言は正しかったね。

一度二人で飲んだときに「私は面白いもののそばにいたいんです」と彼女は言った。
「じゃあ、僕のそばにいればいいよ。面白いから。」と僕は言った。
そうですね、とそのとき彼女は言ったけど、今は別のもっと面白いものを見つけたんだろう。

SCRAPは株式会社になって初めて人が辞める。
この4年間誰も辞めなかった。
そのことをあまり深くは考えない。
僕は、人が僕のそばからいなくなることをあまり深く考えない。
いつも、今僕が持っているものの中から何が作れるかを考えるからだ。
いなくなった「何か」からは何も作れない。

僕は去っていく人を追うことはない。
去っていく人に何かを思うこともない。

でも、彼女に関してはいつか何かを思うだろう。
しかしそれは今じゃない。
今は彼女について何かを思うべきときじゃなくて、彼女のいない大きな穴について思うべき時だ。
彼女について思うのは多分何ヶ月も先だ。
半年とか、一年とか三年とか経ったときに僕は初めて彼女の不在について考えるだろう。
彼女がSCRAPにもたらしてくれた光について本当の意味で気づくだろう。

今は、こっそりと感謝の気持ちだけを伝えよう。
いてくれてよかったと。
SCRAPを選んでくれて本当にありがとうと。
同じ時間を同じ場所で過ごさせてもらえて本当に光栄でしたと。

未来のことは未来が決めるだろ。
彼女と僕の関係が今後どうなっていくかなんて、今はなんの興味もない。
今僕が伝えられることはただ感謝以外になにもない。

お互い一生懸命生きて、伸びたベクトルがどこかで交じり合えば、そこでまた何かが生まれるだろう。

深い感謝と、これからの彼女の人生が素敵なものでありますようにと、心からはなむけをささげます。

どうか、彼女が僕の道を照らしてくれたように、誰かが彼女の道を照らしてくれますように。

さあ、幸せになろう。
僕らにはその資格がある。
ちゃんと今を踏みしめながら未来をにらみ続ける僕らなら、幸せになったって誰からも文句は言われないだろ。

そばにいてくれてありがとう。
どうぞ幸せに。

そして、どうかいつまでも「何が幸せなのか」をきちんと選択できるあなたでいてください。


SCRAP 加藤隆生

kato takao** 07/5/2012 月曜日 20:24 | Link | TB (0) | コメント(0)

Archives
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月