" /> kato takao | weblog: 2011年10月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2011年09月 | Main | 2011年11月 »
2011年10月16日
ジャンルについての考察

最近ぼんやり思ってること。
「ものをつくる」ってことは、「ジャンルを作る」ってことじゃないかと思う。
良い小説を書くことは僕には出来ないかもしれないけれど、「小説」と並列で語られる「別のジャンル」なら作れるかもしれない。
もっと極端なことをいうと、「ものをつくりたい」と強く思う人は、「これまでになかった小説を書きたい」と思うのではなく、「これまでになかった小説のようなジャンルを作りたい」とおもうべきなのではないか。

たとえば音楽。
良いリズム、良いメロディー、良い歌詞、良いハーモニー、良いアレンジ、良い録音、良いミックス、などなど、いろんなものが集まった「良い音楽」が出来ると思う。
でも、もしあなたが、音楽のすばらしさを本当に理解したのであれば、そのすばらしさは「音楽以外のジャンル」でも表現できる気がする。

僕にはマンガはかけない。
でも、マンガで得たものを別のジャンルで表現できるかもしれない。
というよりは、マンガで得た感動を何かに昇華したいと僕が願うとき、マンガの世界ではそれがかなわないなら、ジャンルを平行移動させるしか手がない。

我々は「創る」という言葉を、絵を描いたり、歌を作ったり、文章を書いたり、マンガを書いたり、演劇を作ったり、映像を作ったり、デザインを創ったりすることを指して言う。
でも、案外それって「小説」という誰かが作ったジャンルの中で、相対的に新しいことをやっているだけっていう見方も出来る。

小説ってものを形作っている「枠」みたいなものにダメージを与えるような「創作」を考えなくてはならない。
「小説」と並列で語られるようなジャンルを創造しなくてはならない。

たとえば「物語」という言葉はジャンルを超えて存在する。
「物語を創りたい」とあなたが強く願ったとき、それは「小説というジャンル」の中でやるべきか「マンガというジャンル」でやるべきか「映画というジャンル」でやるべきか「ゲームというジャンル」でやるべきかを迷うだろう。
しかし、あなたは考えなくてはならない。
「わたしの物語を最もよく表現できる、別のジャンルはないだろうか」と。

我々が今創造すべきは「ジャンル」なんじゃないかと思うのです。
映画、小説、ゲーム、マンガ、音楽、演劇、絵画、写真。それらのことは大好きだけど、もうそれらが発明されてからずいぶんと長い時間が流れています。
「物語」という言葉と「デザイン」という言葉はジャンルを超えて成立している気がします。
両者とも既存のジャンルを超えて存在している。

僕は時々思います。
一番良いもの、一番興奮するもの、一番すばらしいものを考えるときに、既存のジャンルの中で創造してしまっていないだろうか。

僕は世界一すばらしい小説を書くことはもうできない。
でも、まだ誰も創ったことのない「ジャンル」を創ることはできるかもしれない。
そして、それはこの世に存在する誰もが「創ることができるかもしれない」ものなのではないかと思うのです。

今必要なのはジャンルクリエイターです。
とても極端な言い方をするのなら、良い演劇も、良い小説も、良い音楽ももう十分生み出されたのです。
新しい映画なんて撮らなくても、過去の名作を見続けるだけで、人生におけるかなりの時間を費やさなくてはなりません。

今何を創るべきかを考えるときに「ジャンル」という概念はとても重要です。
ジャンルの中で創るか、ジャンルを超えて創るか、もしくはジャンル自体を作るか。

クリエイティブを考えるときに、このフレームだけははずせないなあと最近考えています。

kato takao** 16/10/2011 日曜日 07:33 | Link | TB (0) | コメント(1)

Archives
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月