" /> kato takao | weblog: 2010年08月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2010年07月 | Main | 2010年09月 »
2010年08月23日
仕事。ニッチ。音楽。

 なんか、あらゆる種類の仕事が、あらゆる方向からやってきている気がする。
 まさかファッションの仕事とか俺がやると思ってなかったぜ。
 都市計画みたいなものに巻き込まれちゃったり、地域活性化という旗印の下動く仕事があったり、社員研修の話や、社内レクレーションの話や、インターンシップや、新卒採用や、アニメやマンガの話や、まあとにかくいろーーんなことでいろんな話がうちの会社にやってくる。

 こんなに社会に必要とされたことないなあって思う。
 これまでは一生懸命社会に対していろんなことを投げかけていた。
 音楽をやったり、フリーペーパーをやったり、blogを書いたり。
 どうぞみなさん僕に気づいてくださいって思ってたと思う。

 だから、急に社会に求められると、そわそわしちゃう。
 全部の期待に応えたくなっちゃう。
 
 でも、なぜ人々が僕のところに話をしに来るのか僕は理解している。
 今必要とされていることを、僕は期せずしてこっそりとこれまでずっとやってきたからだ。
 僕がやってきたことは、どーんと大多数がわかってくれるメッセージを描くことではなく、「これはひょっとして俺のためのメッセージなんじゃねえの?」っていうニッチなメッセージを流し続けたんだ。
 まるで、自分のために用意されたようなイベントや、メディアや、物語が今必要なんだと僕は思っていて、たぶん社会も思ってるんだろう。
 ヒーローやヒロインの圧倒的な活躍を黙ってみていたいなんて奴はもういないんじゃないかな。
 少なくとも、ぼくらの世代にはね。

 で、ここからが、本題なのだけど、ロボピッチャーのワンマンライブをやります。
 京都で、9月24日。
 東京で10月8日。
 京都はMETRO。東京は440。
http://www.robopitcher.com/

 僕のニッチなメッセージの根本がロボピッチャーにあると言って、誰か信じてくれるかな。
 数人は信じてくれる気がするけれど、ほとんどの人たちはロボピッチャーなんて知らないだろうし、ましてやこのblogすら見ないだろう。
 それでも、僕は書くんだけど、僕はやはりミュージシャンで、音楽とともにクリエイティブを考えてきて、音楽を起点にしてさまざまなものを生み出した。
 その根底にあるロボピッチャーをぜひ一人でもたくさんの人たちに見に来て欲しいと思っている。

 正直にいうとさ。
 練習する時間もほとんどない。
 新曲を作るためにギターを触る時間もずいぶん減ってしまった。
 歌を歌うための筋肉だって磨り減ってしまっているかもしれない。
 でも、音楽があることをわすれたりなんかしたことはないのです。
 音楽からもらったことを忘れたこともない。

 音楽だけをやっていて、日雇いのバイトをして、ライブハウスで飲んだくれている京都のミュージシャンには僕はなれなかった。
 彼らを尊敬し、信頼してもいるけれど、それは僕がなりたい僕ではなかったんだ。

 ねえ、それでも、歌うから。
 もしかしたらあったかもしれない未来にすら届くような歌を歌うから。
 よければ、ぼくらのワンマンライブに遊びに来てください。

 ロボピッチャーのHPから予約してあげてください。
 あ、東京ライブはまだ予約できない模様です。
 というか東京ワンマンライブが正式に決定したことをまだメンバーには伝えていませんでした。
 このblogで伝わりますように。

 そんじゃね。
 
 あ、そうだ。
 渋谷のHMVが閉店したことについて少し書かせて。
 多分、山ほどの人たちが書いてると思うけれど。
 CDの売り上げが全盛期の半分になったっていうニュースよりも、渋谷HMVの閉店は大きなニュースです。
 フリッパーズギターや、おざけんや、ピチカートや、オリジナルラブや、それらに端を発するものすごくたくさんのアーティストたちの名残をかき集めて僕らは音楽を始めた。
 これは大げさじゃなくて、渋谷のHMVにCDが並んだら、一生食っていけるとすら思ってたんだよ。

 何か、とても大切なことが終わったんだと思う。
 ぼくらの世代の音楽へのちょっとした憧憬とか、劣等感とか、カタルシスとか、そういう種類のものが今死んだ。

 次に何が始まるのかは、僕にはわかんない。
 飯田君はわかってるのかな。

 今、歌われなくちゃならん歌がある気がしている。
 渋谷系全盛時代に武道館をいっぱいにしたバンドが今集客10人を切るんだって。
 ロボピッチャーはそんな世界でこそ歌うだろう。
 どこにでも届くように。
 どこにも届かないように。

kato takao** 23/8/2010 月曜日 04:15 | Link | TB (0) | コメント(0)
2010年08月04日
つらつら

 blogを日常的にこつこつ書くという習慣もすっかりなくなってしまった。
 なんとなくPCの前に座ってぼんやりしていたら、つらつらと文章が書きたくなってblogを書いてたけど、もうそんな衝動が起こることは少ない。
 テキストを書くことが日常ではなくなっちゃったな。
 音楽も日常ではなくなった。
 では今いったい何をやってるんだろう。

 10年位前に仕事を辞めた。
 楽しい仕事だったし、すごく勉強にもなったけど、もう音楽と文章以外でお金を稼ぐのはやめようと思ったのだ。
 それから、こつこつと音楽を作って、こつこつと文章を書いて、なんとか自分ひとりくらいは生きていけるようになって、雑誌を作って、バンドを作って、イベントを作って、会社を作って、今なんとなくぼんやりと稼いでいる。

 別にいいさ、と思う。
 そのときそのときの一番楽しいことをやってればいい。
 それで、お金が稼げれば問題ない。
 
 今は特になにも問題がなくて、いろんな人からいろんな仕事がやってきて、僕はいろんな場所へいって、いろんな人と会って、いろんな話をする。
 ある種の人たちはよろこんでくれてお金もくれる。
 ある種の人たちは期待をこめた目で僕からお金を取ろうとする。
 僕を使ってお金を稼ごうとする人もいる。
 それらはすべて楽しいことだ。
 お金が動く量は幸せの動く量と同じだ。
 たぶん。確信はないけれど。

 稼いでいれば全部うまくいく。
 文句言う人もいない。
 稼ぎすぎて困ることもないだろう。
 だから稼いでしまえばいいのだ。
 いつかなにかに届く。
 月だって買えるかもしれない。

 SCRAPの発行がものすごく遅れてしまった。
 僕の原稿がめちゃくちゃ遅れてしまった。

 仕事としてテキストを捕らえていないのかな。
 書きたいときに書きたいことだけを書いていたいのかな。
 じゃあ、俺の書きたいことってなんなんだろう。

 今思い出した。テキストの技術が急激に上がるときがある。
 自分でそれを明らかに自覚したときがある。
 そのとき僕は毎日2本か3本取材をして、1000文字のコラムを2本か3本書いた。
 それを一年続けたとき、僕のテキストは詩じゃなくて文章になった。
 二年目に指が勝手にテキストを書くようになった。
 どんなことも読み物に出来るような気がした。
 どんなにつまらないことでも、俺が書けば物語になるような気すらしたのだ。
 でも、技術がどれだけ上がっても、書けない物語があるって気づいたのはその5年後だ。

 ひょっとすると疲れてるのかもしれないな。
 シンプルさが足りないのかな。
 こんだけ楽しいことだけやっていて、疲れてるなんて申し訳ないな。

 忘れてしまったことを思い出したいなどと思わない。
 また、新しく気づけばいいのだ。
 気づけないなら、その程度のことだったってことだ。

 せめておれは愚かであることに気づいて恥じよう。
 そういえば、長いこと夕暮れを見ていない。
 明日は、どんな夕焼けかな。

kato takao** 04/8/2010 水曜日 03:44 | Link | TB (0) | コメント(0)

Archives
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月