" /> kato takao | weblog: 2009年08月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2009年07月 | Main | 2009年09月 »
2009年08月31日
東京での一週間

 ついさっき、東京から帰ってきました。
 帰ってきたら選挙が終わってて、えらいことになってた。
 僕がいなくても世界は動いていくなあ。
 
 東京でスクウェアエニックスの人たちにリアル脱出ゲームのプレゼンイベントをする。
 一つの企業の為にイベントを作ったのは初めての経験。
 純粋なお客さんに対するときとなんら変わりないものを提供した。それしかできないしな。

 今回の滞在では東京で本当にいろんな人に会い、いろんな場所に行った。
 くるり岸田君と対談したり(次号SCRAPに載ります)、メディアファクトリーの人と夜な夜な飲んだり、面白い広告代理店の人と仲良くなったり、もちろんリミエキの飯田君や、レコミュニの人たちと愚かな時間を過ごしたり、世田谷ものづくり学校の人と卓球したり飲んだり、ソリの二人とはもうほんとうにぐだぐだした時間を過ごしたり、元SCRAPスタッフで現在は新進気鋭のクリエイターであるY女史となんやかや話したり遊んだり。
 もちろん脱出ゲームにはさまざまな人たちが訪れてくれて、その後の懇親会ではビジネスの話やなんだかばかばかしい話に花が咲きました。
 ふと気がつくとどうやら話過ぎていたようで、声が枯れていました。喉は強い方だと思っていたのだけど、寄る年波には勝てませんな。最近ちょっと調子悪いです。
 まあ、とにかくいろんな場所で、いろんな人に、いろんな意見を言いまくった。
 
 いろいろと思うことはあるけれど、取り急ぎきちんとした基盤を築こうと思った東京滞在でした。
 夢のある話は確固たる基盤から生まれるのだと思った。
 一か八かの博打では夢のある話は手に入らない。

 もっともっとがんばろう。
 意味のあるがんばり方をしよう。

 あ、いま気づいた。
 疲れてる。
 寝よう。

kato takao** 31/8/2009 月曜日 05:36 | Link | TB (0) | コメント(1)
2009年08月24日
ワンマンライブが終わったよ。

 京都のワンマンライブが終わって、本当に本当に疲れ果てて、今日は一日何もできずに倒れこんでいました。
 体力とか気力とか以外に何かものすごく僕にとって重要な何かが飛び出して行ってしまったようです。
 本当に今日一日まったくなにもできなかったなあ。

 どんなライブだったんだろう。
 自分ではわからないな。
 とにかく、今出せるものは全部出した。
 僕らの抱えているものを全部。

 いつだったか、どこかの曲の、どこかの歌詞で一回だけ泣きそうになって。
 それがどこだったかももう思い出せないのだけど。

 最後、声が出なくなって、僕が歌うべきパートをありちゃんが歌ってくれて、これは美しい映画のようなシーンだと思った。スローモーションみたいに時間が流れて、僕は必死で声を出そうとして、でも出なくて、僕が歌うべき音がありちゃんの声で流れていた。

 今日一日倒れて過ごしながら、きっぱりと断ち切れたはずの糸について思いを馳せた。
 目を閉じれば後悔ばかりが浮かぶ。
 もっとうまいやり方がなかったのかと思う。
 スタイルが違うから壊れてしまった。でもスタイルなんか別にいつだって変えられるよなあ。
 きっぱりと結論を出したつもりでも、感情を体が覚えていやがるなあ。くそう。

 ライブの翌日はいつもこんな感じ。
 一番ネガティブな自分になる。
 なんにもなくて、なんにもできなくて、どこへも行けない。

 夜になってやっとごそごそと動きだして、SCRAPの事務所へ行き、スタッフと話す。
「いつもの加藤さんじゃない」とかやあやあいわれながら、抜け殻のまま簡単なラフミーティング。
 そりゃいつもの加藤じゃないさ。俺は昨日世界一かっこいいロックバンドのボーカルだったんだぜ。とも思ってみるが、その思いが彼女に届くことはないだろう。

 ステージの上で声が全く出なくなったとき、それでも僕から何かが出て行って、ちゃんとどこかへ届いたような気がした。
 あれはなんだったんだろう。
 歌詞も、メロディーも伝えられなくなって、のどが焼けつくように痛くて、胃が痙攣をおこしたみたいになって、ステージ上で僕は餌付いた。

 でも、確かになにかが僕から飛び出して行ったんだ。
 とても大切ななにかが。

kato takao** 24/8/2009 月曜日 03:11 | Link | TB (0) | コメント(0)
2009年08月21日
東京-京都

 下北沢の440で歌っているときに、おれはなんとたくさんの人たちに守られてここまで歌ってきたのだろうと思った。おれの歌はもはやおれのものではないのではないかと思うほど、たくさんの人たちに支えられていた。
 丁寧に一人一人に挨拶をしに行って、二三時間かけてゆっくりとお礼の言葉をいいたいけれど、そんな時間お互いにないと思うからここに書く。
 ありがとう。

 体中から幸せな気持ちがあふれていて、今はどんなにしんどいことがあってもぜんぜん平気な気がする。
 取り急ぎ本日朝からの渋谷ミーティングから、ぶっとおしで働いているけれどまだまだぜんぜん平気。
 眠っている暇なんてないくらい楽しい。

 ライブの後は、本当に親しい人たちと飲んで、旧友の家に泊まりに行った。
 二人で少し世界陸上をみて、近況を話して、眠った。

 朝、8時半に出発。
 渋谷でミーティング。
 そのまま横浜の方へ移動してインタビューを受ける。
 なんだかさびれた町でのインタビューでとてもほんわかしていた。
 そのまま次の仕事の会場を見学。
 そしてミーティング。
 新幹線に飛び乗って、新幹線の中で資料をつくるというビジネスマンぶりを発揮。すげえおれ。スーパーサイヤ人か。
 京都到着が22時。
 そこから事務所へ直行。
 関わっているカードゲームの企画会議。
 会議結果を反映した資料制作。
 ボロフェスタ手配。
 関わっている学園祭について電話、資料製作、現状確認。

 で、やっと家に帰ってきて、ボルトの200mの世界記録を再放送で見て、blogを書いていると、そういうわけですな。現在午前5時15分。
 やあ、本当に人生って楽しいな。
 ひさしぶりに幸せでいっぱいです。
 
 京都ではやはり待っててくれる人がいて、一緒に仕事をしたり遊んだりする。
 東京に行ったら、たくさんのおもしろい人たちがいる。
 生活していくって楽しいな。
 毎日が全然違う今日で、いろんな発見や驚きがある。

 なんか、そんなあたりまえのことに気づいた東京でした。
 おおおおおう。がんばろう。

 さて、明日は京都METROでのワンマンライブです。
 どうぞ、あらゆる人類が見に来てくれますように。

 ロボピッチャーのはその価値があると思う。

 何もない場所に草木が満ちるように歌おう。

kato takao** 21/8/2009 金曜日 06:12 | Link | TB (0) | コメント(1)
2009年08月19日
今日。ロボピッチャー東京ワンマンライブ。

 今日あと数時間眠ったらワンマンライブが始まる。
 今日は東京のスタジオでリハーサルをメンバーでした。
 そこから出る音にリアリティーがあることを確認した。

 俺はなんと恵まれているんだろうと思う。
 たくさんの人が応援してくれて、たくさんの人のおかげでこうして音を奏でることができる。
 
 ふと僕は思いつく。
 なんとか形にしようと思う。
 そのときかならず誰かがそばにいてくれることを僕は知っている。
 それを僕はラッキーと名づけよう。
 僕のラッキーが明日下北沢を埋め尽くしますように。

 いくつかのもやもやしたものがなくなって、やっとものすごくクリアです。
 何一つ思い残すことはなく、隅々まですっきりした状態でライブに望むことができます。
 見るべきものはただひとつ、未来だ。
 振り返る必要はもうまったくない。

 さあ、歌おう。
 はじめてのステージみたいに。
 そして、俺は俺の歌を聴こう。
 まるで音楽にあこがれた10代の頃みたいに。

kato takao** 19/8/2009 水曜日 03:48 | Link | TB (0) | コメント(0)
2009年08月18日
ロボピッチャー東京ワンマンです。

 今、8月18日の午前5時20分です。
 この日記を書き終えたら、2時間ほど眠って、東京へ旅立とうと思います。
 
 8月19日はロボピッチャーの東京初ワンマンライブです。

 僕らはこの日を待ち望んでいた。

 まるでその時間が地球に来ることが約束されてたようなライブを。

 言葉がメロディーにのって音楽になってどこかへ届いていく様を僕らは見せると思う。

 とても幸せで、少し悲しい場所で、会おう。

2009/8/19(水) 東京・下北沢440(four forty)
ロボピッチャーCD廃盤記念ライブ ~しかも東京初ワンマン!~
【出演】ロボピッチャー  opening guest:とうめいロボ
【時間】OPEN 19:00 START 19:30
【料金】前売¥2,500 当日¥2,800 (いずれも+drink)
チケット予約はhttp://www.robopitcher.com/live/ticket.htmlまで。
 
 それでは。
 440で会おう。


kato takao** 18/8/2009 火曜日 06:28 | Link | TB (0) | コメント(0)
2009年08月17日
俺の人生に夏が蔓延っていやがる

 SCRAPの合宿へ行き、ボロフェスタが始まり、それと並行していくつかの重要な仕事が動き出している。
 ぐっと日常の濃度が濃くなってきた。

 SCRAP合宿は例年通りとても素晴らしい時間でした。
 この年で合宿に行って、連日朝までわあわあ遊ぶってのもなかなかできる体験じゃない。いろんな話をして、いろんな話を聞いた。ずいぶんと笑ったし、いろんなことを考えた。
 いろいろ吹っ切れちゃって、とにかくやるしかねえなあと思った。
 
 あと、小豆島への愛が深まって仕方がない。
 あの島には何かとても美しいものが埋まっているのではないか。
 もっともっとゆっくりと探してみたい気がする。

 そして今日はボロフェスタのスタートの日。
 まずは8月ボロフェスタが今日だった。
 この狂騒の宴。
 音楽がきちんと音楽のまま存在していた。
 リアルな音。
 祝祭と呼ぶのになんのためらいもいらぬ。
 炎が立ち上るのが僕には見えた。
 大切なことを告げる火柱が確かに上がった。
 大文字なんかより、ずっとリアルな炎。

 スーパーノアについて書く。
 立体的な音像、鋭いリズム、弱さから始まる虚勢、かっこつけないかっこよさ。
 今日、彼らがロックだったと言おう。 
 転がっていけばいい。
 もっと遠い場所があるのだから。
 今日、世界一かっこよかったバンドの為に今一人で俺は飲んでいる。

 今日から激動の2週間が始まる。
 まだ泳いだことのない川を泳ぎ切らなくちゃならん。
 東京-京都間を3往復。
 ワンマンライブが2回。
 SCRAPのイベントが1回。
 SCRAP編集。
 宝探しの製作。
 東京で大きな会社のイベント。
 その他動き始めているたくさんの企画。
 長い時間かけて蒔いてきた種が、やっと芽吹いてきた。
 僕はこれをきちんと育てていこう。
 あたらしい価値を生み出してやろうと思う。
 まだだれも見たことのないものを現出させるのが僕の仕事だ。

 8月ボロフェスタ。
 悲しみを背負った人々がぽつりぽつりと語り。
 浮かれたニュースがさまざま飛び交い。
 つがいとなった人たちと、片腕をもがれた人たちが同じ場所で踊り。
 さあ、じゃあ、次はなにやって遊ぶ?と問いかけると全員の顔が曇る。
 今ここの快楽を僕らは享受し、明日のことは考えないでまずは踊り叫ぶ。
 我に帰った後、僕らに残ったものこそが音楽の本当の意味だ。
 今年のボロフェスタは僕らに何を残してくれるかな。

 ロボピッチャー東京ワンマンライブまで、あと二日。
 どうしても来てほしいと、もう一度書こう。
 きっと明日も書く。
 僕が愛しているものを、君にも好きになってほしいだけなんだ。

kato takao** 17/8/2009 月曜日 04:39 | Link | TB (0) | コメント(0)
2009年08月13日
ロボピッチャーについて

 やっときちんと日常の中で能力を発揮できるようになってきた。
 いくつかのブレが修正されて、あるべき感覚があるべき場所に戻りました。
 やっと今日からアイデアが生まれるようになってまいりました。

 アイデアを出すためのコツは、出るまで出そうと思い続けることだと思っているのだけど、そもそも「アイデアを出したい」と思うためには土台が必要です。その土台が揺らいでいたんだなあ。
 まあでももう大丈夫。
 がつがつ働き、がつがつ遊びます。

 そして、今何よりも大事なのはロボピッチャーのワンマンライブ。
 どうぞみなさまお越しください。

 ■ 2009/8/19(水) 東京・下北沢440(four forty)
ロボピッチャーCD廃盤記念ライブ
~東京初ワンマン!~
【出演】ロボピッチャー  opening guest:とうめいロボ
【時間】OPEN 19:00 START 19:30
【料金】前売¥2,500 当日¥2,800 (いずれも+drink)

■ 2009/8/22(土) 京都・CLUB METRO
ロボピッチャーCD廃盤記念ワンマンライブ 
【出演】ロボピッチャー
【時間】OPEN 18:30 START 19:30
【料金】前売¥1,800 当日¥2,300 (いずれも+drink)

 チケット予約は http://www.robopitcher.com/

 今ロボピッチャーでリハーサルを重ねていて、やはり僕は誇り高い気持ちになる。
 このバンドは僕に人生の意味を教えてくれるようです。
 僕らの奏でる音はその不安定さを不安定なまま提示し、決してがんばれとはいわず、悲しみを喜びに変えることもない。
 僕らが提示するのは、今のこの場所で虚像を信じずに生きていくことだ。
 あとから事実を捻じ曲げて人のせいにしたり、時代のせいにするんじゃなくて、間違いなく今のこの場所でその二つの足で強く歩んでいくことを僕らは音楽にしている。
 なんとなく聞いている間だけほっとする音楽ではない。

 僕らは生き延びなくちゃいけなくて、そして死ぬ時には満足してなくちゃならん。
 われわれは誰かが作ったシステムの中で幸せになるのではなく、われわれとして幸せにならなくちゃいけない。
 毎日毎日幸せになるための方法をクリエイトしなくちゃいけない。
 失敗したらものすごく悲しまなくちゃいけない。
 しかし失敗を恐れてはいけない。
 自分の幸せと、他人のシステムを守る喜びを勘違いしちゃいけない。
 箱の中で無理矢理やりたいことや生きがいを見つけるなんて愚かなことだ。
 僕らは日々の生活の中に埋没していくキラキラしたものをきちんと提示して行くバンドだ。
 あらゆる瞬間を自分らしくありたいと願うおろかものだ。
 会社が終わった時間から自分らしく生きてるってそれほんとに生きてるのか。
 趣味ってそれ時間つぶしじゃないのか。
 なんとなく同じ種類の人間が集まってほっとしてるだけじゃないのか。 
 もっと人生の濃度は上がらないのか。
 時間は確信をもって流れているのか。
 あらゆる瞬間にうなずいていけるか。
 本当になにもあきらめてはいないのか。 
 
 ああ、なんかそういう恥ずかしいことを声高に叫んでいるのがロボピッチャーだ。
 僕らは少しもぶれていない。
 少しも揺らいでなどいない。
 ただこのまま走る続けて、いつか倒れて消えてしまうだろう。

 もう俺はそのことを少しも怖がっていない。
 可能な限り高い場所まで上がって、そこから落ちて壊れてしまえばいい。
 いつまでもだらだらと幸せを薄めるのではなく、今の瞬間瞬間を歓喜の瞬間に変えてしまえばいい。
 それをどこまでも続ければいい。
 
 ロボピッチャーは揺るがない。
 僕が作った曲が、僕にいろんなことを教えてくれます。
 CDが廃盤になって、もうロボピッチャーの名前を世間でそんなに見かけない。
 でも、音楽は残る。ロボピッチャーが存在したことは消えない。

 俺はやはりせめて誇り高く生きよう。
 ああ、なんだか恥ずかしいが、恥を忍んで生きるのだ。

 たしか、そんな風に生きていたのに、忘れていたなあと、夏の夜にひとりでふと思った。

kato takao** 13/8/2009 木曜日 02:06 | Link | TB (0) | コメント(0)
2009年08月10日
日曜日の過ごし方

 で、日曜日の過ごし方。

 目が覚めると昼過ぎ。いったい昨日は何をしていたのかをしばらく思い悩む。
 ああ、飲んで、歌って帰って来たのだった。

 で、3時くらいから人と会って話す。
 久しぶりだったので緊張するも、言いたいことをきちんと言葉にしたのでスッとした。
 やはり、言わんとしてることを言えねえってのは良くない。
 言葉にして初めて気持がちゃんと伝わるな。
 
 で、その時点でなぜかいくつかのお誘いがやってきて、友人宅でゲームをするか、木屋町で飲むかの選択を迫られ木屋町で飲むを選ぶ。
 居酒屋で2時間ほど飲む。トークテーマは「音楽業界への就職の仕方」。なかなか楽しい時間でした。また会いたい。

 で、8時くらいにヨーロッパ企画の黒木さんから連絡があって、「ヨーロッパハウスで麻雀するけど来ない?」とのこと。
 僕は飲み会をすばやく抜け出して、ヨーロッパハウスへタクシーで直行。9時過ぎに到着。
 そこから、今に至るまで麻雀です。
 ああ、麻雀。覚えたての麻雀。
 なんだかずいぶん奥深いぜ麻雀。
 もっとうまくなりたいなあ。

 で帰ってきて、ぼやぼやしていると。
 明日も午前中から打ち合わせだと。
 そんな状況です。
 でもまあ、なんとかまったく予定のない土日を乗り切りました。
 遊んでくれた人、あってくれた人、みんなみんなありがとう。

 さて、今週はSCRAPの合宿です。
 また地獄の合宿を楽しんでこようと思います。

 そう思うといろいろと楽しいことあるなあ。おれの人生。
  

kato takao** 10/8/2009 月曜日 05:36 | Link | TB (0) | コメント(0)
2009年08月09日
土曜日の過ごし方概略

 まず土曜日に関しては、ちょっとしたイベントのスタートの日だったのでトラブルがあってはいけないと思い、事務所で夕方くらいまで待機。
 ほんまにぼんやりとすごした。
 おそらくこのテキストを読んだ誰も僕がどれほどぼんやりしていたかなど理解できないだろう。
 驚くほどのぼんやりさで時間を過ごした。

 そして、日が陰ったあたりで町へ飛び出て、いろいろ買い物。
 久しぶりにちゃんと夏の服を買った。
 だいぶ男前になった。
 うむ。

 そんで、いろいろ電話したりしてるうちになぜかたくさんの人が集まってきて、ご飯食べたり、飲んだりカラオケにいったりで結局大騒ぎに土曜日。
 絶対に今日会わなくても平日に会えるだろ!ってやつらがあつまって、やけに陽気な土曜日は過ぎていきました。
 そして今帰り。
 朝六時を回っている。
 確かにずいぶん楽しかったがこれでいいのか。

 日曜日にどんな過ごし方をするかが、僕の人生を定める気がする。
 
 取り合えず今日は疲れた、眠い。
 そして今やけにおしゃれな格好をしている。

 とにかく眠ろう。

 おやすみなさ。

kato takao** 09/8/2009 日曜日 07:03 | Link | TB (0) | コメント(0)
2009年08月07日
あら素敵

 最近会う人会う人に「blog読んでますよ」といわれるのだけど、どこかでこのblogがブレイクしているんだろうか。
 まだ深くまでは入り込めていない「ついったー」とかでは僕のblogの話題でもちきりなんだろうか。

 内にこもる仕事が最近多くて、どうも表にどかんと出ていけない。
 書き仕事やこもり仕事が多い。
 こういう仕事を人に振るのがへたくそで、こつこつと自分でやるんだけど、書き仕事のリズムが出来てないからなかなか進まない。
 関係各位へ。もう少々お待ち下さいませ。

 僕の家の近所に、昼間はお弁当屋さん、夜九時からカレーうどん屋さんになるお店があって、その店のことが好きすぎて困っている。
 とにかくカレーうどんがうまい。究極のカレーうどんといっても過言じゃない。しゃきしゃきでとろとろだ。
 さらに夜九時からカレーうどん屋さんになるというミステリアスな感じもいい。席も7席くらいしかなくて、おじさんとお客さんの距離もちょうど良くて、とにかく好きだ。
 今日事務所で書き仕事をしていて、あまりの筆の進まなさにいらつき、カレーうどんを食べに行ったら、あまりのうまさに仕事をする気がなくなって、そのまま帰って来てしまった。
 さらに、そのお代を支払おうとするが財布に40円くらいしかなくて、「あ、すいません、免許証置いていくんで、ちょっとそこのコンビニでお金おろしてきますね」というと「いつもきていただいているので構いませんよ。次来る時で」と言われてちょっぴりはずかしくて、結構うれしかった。
「そういうわけにはいきません」といって、お金をおろしてきて払ったけど、夜中の2時にそういうちょっとしたコミュニケーションが生まれると少しだけ気持ちがゆるやかになった気がした。たいしたことじゃないんだけどね。

 最近はもうきちんと毎晩飲み明かしていて、とても愉快な感じです。
 忠実に飲んでいる。
 誠実に飲んでいる。

 明日は古くからの知人で、最近友人で、取引先でもある広告代理店の人と飲みに行く。
 楽しみだなあと思っているが、よくよく考えると、その翌日からの土日にまったく予定がないことに今気づいた! まったく予定のない土日ってどんだけぶりだよ!
 もし金曜日の8時までにすべての仕事が終わったら、土日を使って遠出でもしてみよう。 
 ガンダムでも見に行こうか。あ、でも東京は8月19日に行くからなあ。
 そう考えると一人ででも行きたい所ってねえなあ。
 まさかマジクエストに一人で行ったりするんだろうか。いや、ない!ないはず!
 こうなったら近所のマンガ喫茶で「プルートゥ」でも読もうかしら。それはなんかやばいほどリアリティーあるな。
 休日に時間を持て余してマンガ喫茶に行くのは生まれて初めてだが、もしそれに成功したら新しい扉が開く気もする。いいのか開いて?

 まあ、とにかく、この「もてあましてる時間」をどうにかする方法を考えなくちゃならん。
 ジムに行って泳いだり筋力トレーニングをしたりすりゃいいんだろうか?なんかそれもキャラじゃないしなあ。
 もし加藤が一人の時間に何をしたらいいか思いついた方は「おい、加藤!これやって来いよ!」係までまじでメール下さいませ。気が向いたらやってみて、レポートを上げます。
 メールの送り先はこちら。info@scrapmagazine.com
 
 あー。なんか酔っ払ってきたなあ。
 明日はかなりの勢いで仕事をしよう。
 いろいろ書き仕事しますからご安心ください>関係各位。

 土日どうしようかなあ。じゃんとこい魚津まつりにでも行こうかなあ。
 いっそサマソニとかに行ったったらええんかな。
 今調べてみたが、SPECIALSとか出るんや!つうかまだ活動してたんかSPECIALS。知らんかったぜ。
 コステロとかWARとか見たい!エレカシユニコーンも見たいけどあえてB'zとか見てみたい。この機会に見ないともう一生見ないだろうなあ。

 さて、僕は土日どんなふうに過ごすんでしょうか。
 結果はこのblogで!

 なんか変な企画みたいになっちゃいましたが、サマソニに行くってのはかなりオッズ高めの選択です。予想屋のみなさまにはリークしますが。

 たった今こんなイベントも発見。
 http://www.rama.ne.jp/2009/index.html
 凄そうなイベント。行ってみたい。こっちの方がオッズ低め。
 でも本命はじゃんとこい魚津まつりね。

 あ、ドラクエ一応エンディング画面は見た。
 そしてこのあとどうしたらいいのかよくわからん。
 ロボピッチャー伊藤君に聞いてみようかと思います。

 今日、しばらくはダメなままでいようと決めた。
 別に無理してがんばらんでもええわ。
 今できることを判断して、それを実行して、残りの時間はダメでいよう。
 あら素敵。

kato takao** 07/8/2009 金曜日 05:49 | Link | TB (0) | コメント(0)
2009年08月06日
徹夜明け。

 久々に仕事で徹夜明け。
 二カ月ぶりくらいです。ここまで完全に朝なのは。
 蝉が鳴いていて、NHKの朝の連ドラが始まってます。

 携帯電話は鳴らず、冷蔵庫の音はうるさく、僕はかすかに汗をかいています。
 今はお風呂上がりなので、ほとんど全裸に近くて、とてもセクシーです。
 これでセクシーじゃないのなら、僕の中にはもうセックスアピールは残っていないのでしょう。
 だれも、僕の半裸状態を採点できないのだけが、今の心残りです。

 どこまでも行かなくちゃな。
 どこまでも。
 なるべく遠くまで行かなあかん。
 せっかくこんな道を選んだんやから、遠くまで行かな損や。

 すんごい蝉がうるさい。
 テレビではみのもんたがしゃべりはじめた。
 未来はほんの少しも見えなくて、僕は今日も途方にくれるだろう。
 それが面白いとも思っているけれど。

 あ、ロボピッチャーの東京ワンマンまであと13日。京都ワンマンまで16日です。
 これからblogを書く度に、残り日数を書こう。ふふふ。

 久しぶりに加藤伊藤対談をロボピッチャーHPで更新しているので、良ければ読んでください。
 http://www.robopitcher.com/

 ボロフェスタが始まります来てください。
 http://borofesta.recommuni.jp

 SCRAPのblogも書いてます。週に一回。
 そして、現在京都にて最新記念30号配布中です。
 http://www.scrapmagazine.com/

 いくつかの未来が見え始めている。
 見えきる前に跳べ。

kato takao** 06/8/2009 木曜日 09:14 | Link | TB (0) | コメント(0)
2009年08月05日
喪失感とエヴァンゲリヲンについて。

 ずいぶんと働いている気がするけれど、そこまでぴりぴりしていない。
 というか、傍目にはぜんぜん忙しくないように見えている気がする。
 なぜだろう。

 なんとなく熱くならないというか、芯に熱がこもらないというか、なんとなくやれることをこつこつとやっている感じ。全体を圧倒的なパワーでねじ伏せて、再構築している実感がない。

 どうもなにかが失われてしまった。
 そして、それは仕方のないことだ。
 なんとなく、空いた穴を埋めようとがんばってみたが、無駄だとわかった。
 もう空いてるままで進もう。進もう。
 失われたものを、失われたのだと認めれば無理して埋める必要はなくなる。
 進んでいけば、またなんかがあるさ。

 あ、そうそう。
 なぜか啓示が下ったのでエヴァンゲリオンについて書く。あ、エヴァンゲリヲンなのか?
 あの映画には、積み上げる人は出てこない。
 今僕らの目の前にある現実の地面に、新しい何かを積み上げて、より世の中をよくしようとか、もっと人を楽しまそうとか思ってる人は一人も出てこない。
 あらかじめ失われた人たちが、その失われた部分を埋めるためにいびつな言動を落としていく。
 そこで他者との遭遇が起こり、さらなる傷と、さらなる喪失が生まれる。
 彼らがなぜ失われているのかは描かれない。彼らはあらかじめ失われている。
 そしてそのことに気づいているが理解はしていない。
 つまり、彼らの行動原理は希望ではなく渇望だ。
 今自分のそばにある渇きや飢えを満たすために、愛憎劇を繰り返す。
 愛憎劇のいびつさを一身に背負った記号が「使途」であり、登場人物は自らの喪失を埋めるためにさらに他者の喪失を生み出そうとする。他者とはこの場合「使途」であり、しかも排斥されるべき他者は、理解を超えた恐るべき存在でなくてはならないために、徹底的な不気味さと、無温度・無湿度さでもって描かれる。使途とは発展的な話し合いの結果、解決を試みるような相手であってはならないのだ。
 彼らが戦っているのは「使途」というなの喪失感であり、いくら勝ち続けても達成感を得ることはない。また新たな喪失を獲得し、さらなる渇望を生み出し、更なる殲滅を求める。
 この映画は、喪失を喪失と認識できない人たちが、織りなす人間ドラマだ。

 それは、ここ10日ほどの僕となんと似ていただろう。
 ああ、そうだ、僕には今生きていく理由がみあたらない。
 かわりを探すか、理由などないまま生きてくか。
 どっちにしたって、今ある喪失が埋まることはないだろう。

kato takao** 05/8/2009 水曜日 04:13 | Link | TB (0) | コメント(0)
2009年08月02日
日々のよしなしごと

 なかなか精力的に活動中。
 わあわあやってます。

 ボロフェスタが久しぶりにきちんと話題になっていてうれしい。
 http://borofesta.recommuni.jp/v/top/
 現在第一弾が発表されています。

 ロボピッチャーワンマンが近付いてきた。
 こちらもがんばっております。
 http://www.robopitcher.com/
 来てくれないと困ります。

 SCRAP30号記念号がリリース!
 京都の街にばらまかれています。
 なんとかゲットして下さいませ。

 今、関わっているカードゲーム企画の終りが見えない。
 パズルを作って、ストーリーに入れ込んでいく。
 もっと全体を見通せるようになりたいなあ。

 各所で話題沸騰のエヴァンゲリオンをみてきた。
 ものすごく複雑な解説をいっぱい聞いた。
 単純に面白かったけれど、二回見たいっていう気持ちはわからない。
 みんな最低二回は見るんだって。なんで?
 昨日の話では「1回目はただ圧倒される、2回目は味わう、3回目で情報収集、4回目以降は確認作業」ということだった。どうなんだろう。なぜアニメの確認作業が必要なのか。しかしそれを聞けるような雰囲気ではなかったので、黙っていた。

 最近はみんなでわあわあ飲むことが多い、っていうか毎日そんな感じやなあ。
 毎日がパーティーみたいに騒がしくて、珍しく僕もその中心に積極的に参加中。

 今日は久しぶりに予定がないなあと思ったが、18時からロボピッチャーの練習。21時までだから、その後が暇ってことになる。そんなの普通の人は暇とはいわないんだろうけど、昨日なんて11時くらいから飲みだしたからなあ。
 
 そういえば、あの荒れた昨日の飲み会は最終的にどうなったのだろうか。
 僕は、ラストシーンを観る勇気がなくて、20歳女子にあとを託して逃げ帰って来た。
 元気でいるのなら、それでいいけど。

 とかそんな感じか。
 他にもいろいろあるけれど、まあ元気です。
 ご心配なさらずに。
 昼間に更新って久しぶりやなあ。

 それでは今からロボピッチャーの練習に行ってきます。
 じゃね。

kato takao** 02/8/2009 日曜日 18:12 | Link | TB (0) | コメント(0)

Archives
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月