" /> kato takao | weblog: 2006年04月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2006年03月 | Main | 2006年05月 »
2006年04月27日
今歌を作っていた

 ついさっきまで、歌を作っていました。

 今日は本当になにもない一日で、いくつかの打ち合わせとささやかな飲み会を経て家に帰ったのだけど、きょうあるはずだったものに満足できず、ポロリとギターを弾いたら歌が出来た。

 歌ってどこから来るんだろうな。
 なんかものすごく不思議だ。

 モノノケサミットの新譜を聞いていて思う。
 歌って本当にすごい。
 民草がその鬱屈した日常を打っちゃってしまえるほどのエネルギーが必要なのだ。
 
 僕はそんな歌をかいているだろうか。
 僕にはそんな歌が必要だろうか。

 さて、
 それはもうわからん。
 ただ、僕なりの答えとしてこの曲を作った。

 歌が出来るのはうれしい。
 あとは、この歌をみんなの前で歌えるまで生きるだけだ。

 生きていく意味は、そのささやかな日常の中に
 
 君の声が誰かを励まし、僕の声が誰かを傷つける。
 僕は繕わず、
 たじろがず、
 ここで紺碧の歌を迎え撃とう。

 レコーディングが始まって、アルバムの為の選曲もすべて終わって、リリースのタイミングも決まって、たくさんの人が動き出しているときに出来た新曲は、しかし、そんなにやさしくは受け入れられないはずで。
 時間は止まってくれないので、この曲をアルバムに入れるのは無理かもしれないと思って伊藤君に電話をしてみたら彼曰く
「新曲が出来たというのは良いことだと思う。それが良い曲ならぜひ進めるべきだし、今の新曲を作った加藤君の熱さのまま簡単なレコーディングをしたい」と。

 あのさあ、なんやあいつ。
 ふてぶてしいまでにいかすな。
 僕は、幸せな気持ちで、その曲に歌詞をのせた。

 良い曲を書かなくてはならない理由の最たる物の一つにメンバーのためってのがある。
 
 ああ、よかった。
 良い曲を書けて。
 
 そしてそれを認めてくれる人が僕の周りに少なくとも3人もいてくれて。


 次はデパオク。
 5/5です。
 雨天順延で5/6です。

 こないなんて信じられないし、信じません。

kato takao** 27/4/2006 木曜日 07:11 | Link | TB (0) | コメント(4)
2006年04月21日
とどのつまり

 結局のところ。
 失ったものの数を数えたって、何にも変わらず。
 手にした物の数を数えても、何も見えてこない。

 いずれ死ぬ。
 失うことを恐れてなんか生きていけるか。
 今ここにあるはずの何かを現じせしめる為に、僕はいこう。

 ないならつくる。
 邪魔ならつぶす。 

 公園のライトに照らされた葉桜が、満開のときよりも美しく見えた。
 「きれいだね」と言ったら「きれいでしょ」といわれた。
 花びらはひらひらと舞って、どこへ行くんだろうと思った。
 足元には、踏みつけられた汚れた花びらが積もっていたのに。

 行かなくちゃ。

 今日はライブ。

 すさまじい歌以外を歌うつもりはありません。

 

kato takao** 21/4/2006 金曜日 04:04 | Link | TB (0) | コメント(0)
2006年04月19日
ロボピッチャーの危機

 どうもこんにちは。

 つい先ほどロボピッチャーDMをみなさまに送付いたしました。
 今回はDMが届かない人がたくさんおられるかもしれません。実は僕のパソコンにたいへんな事件が起って、データが全部消えてしまったのです。
 現時点でまだ届いておられない方は早々にinfo@robopitcher.comまでメールください。
 よろしくお願いいたします。

 これまでも着てなかったけど、この機会にその噂のくだらないけどだらだらと長いDMを送付してほしい人も気軽にメールください。
 
 それでは。

 なんか危機感たっぷりのタイトルなのに、こんな内容でごめん。
 今は絶好調レコーディング中で、音楽的にはいい感じのロボピッチャー加藤でした。

kato takao** 19/4/2006 水曜日 19:01 | Link | TB (0) | コメント(0)
2006年04月16日
乙女チックポエムナイトへのお誘い

 前回異常なまでに盛り上がった、あの伝説のイベントが帰ってまいります。
 これまで、僕がプロデュースしたイベントの中で、もっとも鮮烈で、もっとも文学的で、もっとも革新的なイベントのひとつです。
 これは、もうほんとにすごいから。
 でもこないとわかんないから。
 ぜひお越しください。
 もう今日だけど。
 いえー。

乙女チックポエムナイト! vol.2
そして、乙女は二度ベルを鳴らす。
日時:2006.4.16(sun)
   open 18:00 / start 19:00
場所:@京都二条 NANO http://www.eonet.ne.jp/%7Enano2003/
料金:前売¥1,000 / 当日¥1,500 /(+1drink)
出演:田中 聡(第一回M.O.P.)、ゆーきゃん、chori、三条ハンソン、その他多数!
飛び入り参加も大歓迎!!!
審査員: 加藤隆生(SCRAP編集長/ロボピッチャー)、石橋圭吾(neutron代表)、その他
主催:SCRAP http://www.scrapmagazine.com/
お花提供:フローリストショップ プーゼ

kato takao** 16/4/2006 日曜日 03:03 | Link | TB (0) | コメント(0)
2006年04月08日
ひさしぶりにこんなに笑った

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060405-00000124-mai-soci

 あ、それと、今日西部講堂でライブなので、お越しください。よかったら。ぜひ。

kato takao** 08/4/2006 土曜日 03:32 | Link | TB (0) | コメント(2)
2006年04月07日
で次

 東京から帰ってまいりました。
 良いライブが出来ました。見に来ていただいた方ありがとうございました。

 4人で演奏するというのはやはり特別なことです。
 僕らは4人でロボピッチャーであり、4人だからできる音楽をやっています。

 アンコールで、多分初めてキノコを演奏しました。
 いつまでも続いて欲しいと思った演奏は久しぶりだったな。時間がぎゅっと凝縮されて、気体が個体になったような感覚でした。あんなに良いライブはいつもいつもできるわけじゃない。

 翌日京都に帰ると、SCRAPの新刊が届いてました。
 今日から配布を開始しました。
 キュートなSCRAPのスタッフとともに京都の町を縦横無尽に駆け巡りました。
 まだまわれていないところもたくさんあります。
 本格的な配布は週明けかなあ。

 なぜ週明けかと言うと、超重要なライブが週末にあるからです。
 
■ 2006/4/8(土) 京都大学西部講堂
「曽我部恵一BAND meets ボロ!」 
【出演】曽我部恵一BAND / アニメーションズ / ロボピッチャー
【時間】open 16:00 start 17:00  (出演は2番目、17:50頃の予定です)
【料金】\2,500(adv) \3,000(door) +drink
【info】にしき屋/075-211-4879

 です。
 ひょっとしたら、もう前売りチケットは購入できないかもしれませんが、当日券もでるので、ご安心を。

 ちなみに、この日はSCRAPも配布する予定。
 ロボピッチャーには興味がないけれど、SCRAPには興味がある皆様におかれましては、この日はいち早くSCRAPを手に入れるチャンスです。

 最近。
 なんかばたばたと日々が流れていく中で、
 やっぱりなにやったっていいんだなあと、つくづく思った。
 人のいうことなんか聞いたって、結局何の役にもたたん。
 
 たとえ、同じ結論に達したとしても、そこには自分で達さなくてはならないんだな。
 目的地にたどり着いたらみんな満足するけど、どっちかというとたどり着き方の方が大事なんじゃないかとすら思い出した、花冷えの夜でした。

 じゃ。

kato takao** 07/4/2006 金曜日 05:14 | Link | TB (0) | コメント(0)
2006年04月05日
ぎりぎりなんじゃ

 もうな。あんまりいろいろ書いてもしょうがないので、今日は用件だけにするわ。

 ライブに来てほしいんじゃ!

 あと2時間で出発の予定やけど、もう来てくれへんのやったら、行かん!!
 おお、なんかこれ新しいな。
 来てくれな、行かん!
 まあ、そんな勢いっすよ。

 4人でライブをするのは久しぶりだな。
 溜め込んだものを全部吐き出すようなライブです。
 見えなかったものが見えちゃうようなライブですよ。

 もしまだ迷っておられる方がおられるならば、ぜひ!
 まさか、このライブを見ないなんていう選択をあなたがするなんて僕には信じられません。

■ 2006/4/5(水) 新宿・レッドクロス 「HIGH BRIDGE 45 #0722」 
【出演】みみずくず / 徳永憲 / ロボピッチャー
【時間】open 18:30 start 19:30  (出演は3番目、21:10頃の予定です)
【料金】\2,300(adv) \2,500(door) +drink
【info】red cloth 03-3202-5320

kato takao** 05/4/2006 水曜日 06:48 | Link | TB (0) | コメント(1)

Archives
2013年10月
2013年09月
2013年07月
2013年06月
2013年04月
2013年03月
2013年01月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月