" /> kato takao | weblog: 2004年12月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2004年11月 | Main | 2005年01月 »
2004年12月31日
日本海を目指したこと

 昨日は古い友人と飲みに行きました。
 とにかく飲みました。
 ばーっと飲んで、ばーっと遊んで、ものすごくあたまを使った妙なルールのもと、ストラックアウトというゲームをしました。うん。面白かった。野球経験者は僕くらいだったけど、あんまり差はなかった。ちぇっ。

 その後、なぜか、先日の日記に出てきた「俺にテキーラを紹介した男」堀田君の家でテキーラを飲むことになり、まあ、なんか、朝の7時くらいまで飲んでました。僕はものすごく酔っ払って、いろいろしゃべった。あんなにたくさん言葉を使ったのは久しぶりかもしれない。
 しかし、今だに堀田君の家に行ったらテキーラが常備されているのだなあ。僕は十台半ばの頃に始めてテキーラを飲んだグラスで、また飲んだ。ごくごく飲んだ。テキーラ万歳!
 堀田君の家から僕の家まで徒歩20分くらいなのだけど、歩いて帰りながら酔っ払って、友人に電話して何度も同じ話をしたらしい。けど、あんまり覚えていない。まあ、楽しかった。これがあって、年が暮れる。今年もみなさんありがとう。堀川高校の皆さんに栄光とかがありますように。
 あっ!借りるって言ってたアルバム忘れちゃったよ、堀田君!

 僕は、あまり過去のものをとっておいたり、時々取り出して眺めたりはしないので、自分の昔の写真とか、そういった類のものはほとんどないのですが、堀田君の家には高校の頃の写真がいろいろあって驚いた。
 高校2年生の終わりの春休みに、堀田君と僕を含む四人で、日本海に歩いて行ったのです。僕らは日本地図に定規を押し当てて、「うーん、京都から日本海まで直線で80kmくらいだし、俺達は若くて、体力もあるから時速8キロで歩いて、10時間くらいで着くだろう」とかいう信じられないほどばかな計画を立てて、出発しました。
 で、方位磁石を片手にほんとにまっすぐ北に進んだのです。山があったら越えて、川があったらわたって。ショートカッターズと名づけられたその四人組は、道があっても無視し、方位磁石だけを頼りにただ北へ。谷を降り、山を登り、なんと、3泊4日もかかってやっと日本海に到着しました。たしかその旅行では一人1000円くらいしか使わなかった。
 得た教訓は一つ。
 「ショートカットすると余計に時間がかかる」
 僕は生涯であんなに過酷な4日間は過ごしたことはありません。ずっと雨が降っていて、テントは途中でつぶれ、目が覚めたら、山の中、豪雨に打たれながら、テントの屋根がべっとりと顔にはりついていました。 僕らは四人で、絶えず寒さに震えていて、僕の寒さに対するトラウマはここに端を発しているのではないかとも思います。山道をただ歩いて、歩かないと前に進まないのです。自分の体が動かない限り、少しも前に進まなくて、信用できるのはただただ自分だけでした。
 僕は疲れ果てていて、とてもじゃないけど、他の人達を思いやったりなんか出来なくて、ひどくぴりぴりしていたそうです。
 通りすがりの家で水をもらい、もって行ったコンロで米を炊き、カレーライスを作りました。ラーメンも作ったな。どれもひどくまずかったけど、疲れた体にはすべてがご馳走でした。米を磨ぐってことも知らなかった高校二年生の僕達は、芯の残った硬い米をむしゃむしゃと平らげ、我先にまだ茹で上がっていないラーメンをすすり、ただまっすぐに北を目指しました。
 山道では、ほとんど誰にも会わなくて、信号機を久しぶりに見たときにはものすごい違和感を感じました。
 確か最終日だけ晴れていて、ものすごく暑くて、夜にランプを持ちながら歩いた。自分達が担いでいたリュックをいすにして空を見上げたら、星が動いていくのがわかりました。じっと星を見ていると動いていくんですね。あんなにしっかりと星を見たのは後にも先にもあのときだけです。
 体からはたぶんひどいにおいがしていて、僕はぼろぼろになっていて、でも「何故こんなことをしなくちゃならないのか」とは一度も思わなかった。ただ北へ。ただ北へ。そのことは一度も揺るがなかったし、当然の前提だった。なんでだろう。

 海について、やったーってなって、確か最後のラーメンを食べた。
 僕は気分が悪くなって、近くの便所で吐いた。涙が出てきて、どうしようもなかった。服の袖でぬぐったら、余計に汚れた。
 他の三人は海で遊んでいて、わーっとか言ってたと思う。あんまり覚えてないけど。僕は海を見ていて、その時に初めて「なんでこんなことしたんだろうな」って思った。なにかあると思って来たけど、もちろんなにもなかった。ただの海だ。僕は気分が悪かった。まだ吐き気がしたけど、吐けるものがもう何もなかった。どこにもなにもない。
 帰りは電車で帰りました。帰りの電車賃だけは持ってきていたのです。いくつかの電車を乗りついで、3時間ほどで京都に着きました。
 電車の中で「よくやったなあ」と四人で言い合いました。「なかなか出来ることじゃないよ」
 で、特別な別れの言葉もなく、僕らは別れて、旅は終わりました。
 なにもなかったけど、何かを探そうとしたのだなあと僕は思いました。決めたことをきちんとやり遂げて、たまたまそこになにもなかっただけだ。

 しかし、なにもなかったというのは後に大きな勘違いだったとわかりました。
 僕はその後の人生の中で、何度も何度もこの4日間のことを思い出したし、その日々のことを思っただけで、信じられないほど励まされました。僕らは歩いて日本海に行こうと言い出して、その馬鹿らしい計画をちゃんと実行に移して、しかもやり遂げたのです。

 僕はあの時、海で吐いたラーメンがのどを通っていく感触をまだ覚えています。
 体中から立ち上った匂いも覚えている。
 無理やり越えた滝や、腰の痛みや、どろどろになった靴や、時々交わしたとげとげしい会話や、ランプの匂いや、雨の冷たさや、ガムテープで補強したテントの頼りなさや、夜中に見つけた自動販売機のライトの明るさや、豪雨の中で眠って目が覚めたときに体の下に水溜りが出来ていたときの絶望的な気分や、久しぶりに信号機を見てものすごい違和感を感じたことや、ポンチョを叩く雨の音や、橋の下で眠ったときの川の流れる音や、そういうものがぜんぶ体の中にきちんと感覚として残っていて、今の僕の一部になっているのだと思います。

 大切なことなんてそんなにないけど、まったくないわけじゃない。
 堀田君の家に昨日15年ぶりくらいにいって、15年ぶりくらいに二人でテキーラを飲んで、15年ぶりくらいにショートカッターズの写真を見て、暴力的に当時の感覚に引き戻されたときに、上記の映像が浮びました。その強制力は異常でした。
 僕はテキーラを飲んで、テキーラを飲んで、「ちょっと休むね」とか言ってビールを織り交ぜて飲んで、男二人でやけに寒い部屋で、ストーブの前で寄り添うように、高校時代の写真を見てました。一応言っておきますが、危険な香りはしませんでした。

 僕は、あきらめたりしません。
 ないなら作ろうと思うし、間違っているのなら、変えてしまえばいいと思う。
 ないからこそ創るべきだし、あるならもう創らなくていい。
 歌詞を盗作するアイドルとか、どこかで聞いたようなメロディーとか、ありがちなアレンジとか、そういうものが僕にはまったく少しも理解できないのだけど、世の中のほとんどの人達はいったいなにをやっているのか。
 「ロックはもう終わった」って?終わったらまたはじめたらいい。失くしたら探せばいい。重かったら降ろして、軽くする努力をすればいいし、重くても耐えられる体を作ればいい。怖いものなんてなにもないし、出来ないことなんて一つもない。意味のあることなんてないし、ぼくらはただ時間を消費するためにこの世に生を賜り、なにもない場所で、なにかを有らしめようとして悪戦苦闘している。
 僕はあきらめたりしません。ここではなにをしてもいいし、何もしなくてもいい。
 僕はやることを選んだ。日本海に向かって、一歩一歩進んでいるときに、決めた。
 なにもなくてもやる。なにもなくても生きる。なにもないなら創る。無駄でも創る。

 きちんとそうやってやってきました。
 寸分違わず、2004年もそんな年でした。世界に向かって本当に叫びたいくらい(世界に向かって愛を叫んでる奴らが赤面して逃げ出したくなるくらい)すばらしいアルバムを2枚もリリースすることが出来ました。
 僕はあきらめませんでした。「もうその年じゃ無理だよ」とか、「加藤の曲は売れないよ」とか、「ちょっと独特すぎてうちからは出せないねえ」って言われ続けてきたけど、一度も疑わなかった。僕の曲はすばらしくて、なにもないところに何かを生み出す力があると。
 4月にファーストCD発売記念のライブをして、僕は人生でも幸せの頂点みたいな時間を経験して、その時にもっと上があるのだとわかった。終わりなんてないな。求め続けて、時間切れまで死ぬまでがんばって、倒れたら土に返るのだな。求め続けて、満足は瞬間で終わり、次をまた見て、その歓喜の瞬間をただただ追う。幸せになんかならない。安定した常設の幸せなんかいらない。ただ、歓喜の時を追う。

 ものすごく、高校二年生のときの日本海を目指す旅と、2004年の僕の生き方がシンクロしたので、やけに長い日記になりました。

 今年、僕らの創るすべてのことに少しでも反応してくれた人に、心から感謝を。
 きっと来年はもっと。

kato takao** 31/12/2004 金曜日 05:55 | Link | TB (0) | コメント(1)
2004年12月28日
2004

 ライブが終わって帰ってきたら、大体いつも疲れてすぐ寝ちゃうのに、今日はなんとなく眠れません。今日は不思議なライブだったな。とにかく、フラワーカンパニーズのエネルギーにびっくりでした。

 もうすぐ、2004年が終わります。
 なんか言葉を連ねるのがしんどい。
 じゃあ、書かなきゃいいのにな。

 体が熱を帯びていて、体中の毛穴から何かが生まれそうです。
 困ったな。

 あ、そういえば、12/29FM大阪「ロボピッチャーのラジオコントロール」はなんと、メンバー全員そろってのスペシャルバージョンだそうです。この日だけは夜2時ごろからのスタートなんだって。
 毎週水曜日、深夜1:40分からのFM大阪「ロボピッチャーのラジオコントロール」で、こんなことをして欲しいとか、こんな話をして欲しい、とかあったらリクエスト頼む。

下記HPからMUSIC SPROUT 851という番組宛に送ってくれると良いそうです。
http://fmosaka.net/

 ほなまあ、そんなこんなで。

kato takao** 28/12/2004 火曜日 05:45 | Link | TB (0) | コメント(0)
2004年12月27日
今日だ

 本日、十三ファンダンゴにて、ロボピッチャーのライブです。
 良かったらぜひともなんとかお越しください。

 フラワーカンパニーズやで。

kato takao** 27/12/2004 月曜日 05:32 | Link | TB (0) | コメント(0)
2004年12月20日
あーあー。

 長野から帰ってきました。
 東名阪以外でライブをするのはロボピッチャーでは初めてだったのですが、さまざまな場所に、しっかりと人が生活していて、しかもそこに音楽が流れていることを確認できてうれしかったです。

 最近、明滅という言葉が文字どおり「明滅」している。
 次は、12/27ファンダンゴのライブです。フラワーカンパニーズと一緒にやるのがとてもとても楽しみです。大好きなのだ。
 

kato takao** 20/12/2004 月曜日 21:14 | Link | TB (0) | コメント(0)
2004年12月14日
長野

 もうすぐ長野ツアーです。僕はたくさんそばを食べると思います。
 ちょっと感覚がきりきりとしていて、生きてるだけでいろんなものがダイレクトに入ってくるのでしんどいです。電信柱が揺れてるだけで吐き気がします。

2004/12/18(土)長野・ネオンホール
「スーパーネオンホール'04冬」
【出演】詳細後日発表
【時間】open 17:00 start 17:30
【料金】¥1,500(1日券)¥2,500(3日間通し券)
【info】 http://www.avis.ne.jp/~neonhall/

2004/12/19(日)飯田・ガーデンプラザ
感物屋企画vol.1 「天才と大馬鹿」
【出演】タテタカコ、ビーグルズ、バリアフリー、ロボピッチャー
【時間】open 13:30 start 14:00
【料金】¥2,000(adv) ¥2,300(door) ¥1,500(高校生以下) incl. 1 drink
【info】 090-9660-0055/感物屋

 じゃ、長野で会いましょう。

kato takao** 14/12/2004 火曜日 06:15 | Link | TB (0) | コメント(0)
2004年12月13日

 寒いのが嫌いなので、抱き合って眠りました。
 孤独は二つ合わさると、倍になるようでした。

 足の先が冷たくて、ふとんの中で動かしながら、「あたたかくなったら何か変わるのだろうか」って考えてました。足は温かくなったけど、なにも変わりませんでした。
 明日、目が覚めても、まだ時間は続いているのだろうか。こんな凍るような夜を越えてなお、世界はつづいているのだろうか。そんなことを考えていると、隣からは規則的な寝息が聞こえてきます。僕は彼女の名を呼んでみるけど、それはマンガのふきだしみたいにぷかりと浮かんで、ふわふわと月明かりの中を飛んでいってしまいました。
 彼女はあたたかくて、平和のシンボルみたいでした。戦火の中で兵士達がただ一つ思い描くことが出来る平和の象徴。

 僕は眠れないまま、僕を抱えて、いったいいつになったら、こんな夜を迎えないようになるのだろうと思いました。窓の外はカチリと止まっていて、何も動きません。時間泥棒がやってきて、この時間を盗んでいってくれたらいいのに。
 淡くて、蒼い夜。蜃気楼が溶け込んだみたいな空気で。何も動かなくて。僕だけが世界みたいでした。僕はひとりぼっちの英雄で、僕のために僕の中で僕を賭けて僕と戦っていました。勝ったのはもちろん僕で、足元にはたったいま切り刻んだ僕が転がっていました。
 ざまーみろ。と僕は思う。僕に勝てるものか。僕は敗北の悲しみに打ちひしがれながら、土を食み、この憎悪がいつか地上を包み込み、僕の屍を越えていく人々が黒い血を流しながら僕を叩きのめす幻影を見ました。

 そういえば、僕は人を殺したことがない。
 暖かな肌から、吹き出るものが本当に赤いのかどうかしらない。
 知りたいか?

 彼女は軽やかな寝息を立てています。白い夜の光を浴びて、この世のものとは思えないフォルムで。ふとんから足がはみ出していて、僕は毛布を掛けてあげる。髪の毛が口に入りそうなのでよけてあげる。
 彼女は夢をみているだろう。
 良い夢だろうか。悪い夢かもしれない。時々ため息みたいな声がもれます。僕が見るはずの夢を彼女が見ているのかもしれない。カムチャツカ海峡を越えたところにいる少年が見ていた夢と同じかもしれない。
 僕は背中を丸めて、ふとんを体に巻きつけるようにして、少しだけ音楽のことを考える。
 メロディーが生まれて、どこかに飛んでいく映像が浮かびます。
 ベージュの羽が生えて、よろよろと飛んでいく。どこまでもはいけないけれど、それもどこかには届く角度で。

 倍になった孤独は、加速度的に拡大し続け、もう商品としては使えなくなってしまったようです。哀しみみたいな色のやさしい話を、誰かが語っています。
 僕はまだ目を閉じて朝を祈っています。
 誰にでも必ず朝が来るという伝説は本当なのでしょうか。
 そんな幸せな夢を、彼女が見ているといいのになと、思いました。

kato takao** 13/12/2004 月曜日 04:36 | Link | TB (1) | コメント(0)
2004年12月12日
いったい

 いったい、なにができるのだろうと思うのです。

 なにもかも出来るのかもしれない。
 その喜びに今は震えている。

 僕はここで、どうしようもなく歌っている。

 だれが追いつけるだろうか。
 僕以外の人間が無為とされるこの場所で。

 完璧でない歌を歌い続けよう。
 それは、どうしようもなく完璧な歌だ。

kato takao** 12/12/2004 日曜日 04:55 | Link | TB (0) | コメント(0)
2004年12月08日
むあああああ

 なんかよく分からないけど、東京で快調に日々を過ごしています。加藤です。皆さんお元気です。か。

 「透明ランナー」がすこぶる好調で、しかも好評で、(世の中には売り上げが好調であるにも関わらず、好評ではない作品が多い中)ロボピッチャーとしても、大変に大変に嬉しいです。
 この調子で、みんなで頑張ってバイトして、一人あと、10枚づつ可買おうね、とか書いたらまたしかられちゃうんだろうなあとか思いながら、みんな頑張ってバイトしてあと10枚づつ買おうね、とか書いちゃいます、てへっ。
 
 もうなんだあれだな、見苦しいな。自分って言う人間が。一番の間違いは、その見苦しさを自分で認めちゃったことだな。うん。まあ、いいんだけど。

 さて、なんで、あえて、東京でのこのしっくりこない日々の中(しかし、やけに発見と混沌と、安らぎのある日々の中)でこんな日記を書いているのかというと、もうね、東京のライブがすばらしく良かったのです。そのことを記したくて書いております。

 ロボピッチャーは過去に何度も「今までで一番良いライブ」を経験してことがありますが、二日続けてそれを経験したのは、この東京ツアーが初めてです。
 完璧に自信を持って発売したセカンドアルバムに続くライブが、こんなに良い感じで進んでいて、心からうれしい。うん。僕は再び思いだす。ここに音楽があって、すなわち僕の中にあるものが、僕にとっての完璧な音楽なのだと。

 まあ、そんな感じで、東京に来ても、そんなにしょんぼりしなくなりました。
 東京にいる(数少ない)友人たちのおかげです。今後ともよろしく。

 季節の変わり目ですね。みんなが風邪を引いていてしんどそうです。
 気をつけて生きていってください。僕も気をつけます。

 ほな。

kato takao** 08/12/2004 水曜日 03:00 | Link | TB (0) | コメント(0)
2004年12月01日
わー。

 わー。ライブがいっぱいだ。

 というわけで、今日は宣伝。
 今日、ファンダンゴに来てくださった方ありがとうございました。

 ちなみに、非公式ですが、12/31に例の場所でライブをします。
 もちろん、あそこです。うん。

 12月は8本ライブだ。骨身を削ってがんばります。
 よろしく。

2004/12/2(木)名古屋・得三
「唄のスター通り」
【出演】おおはた雄一、ロボピッチャー
【時間】open 18:00 start 19:00
【料金】¥2,000(adv) ¥2,500(door) +drink
【info】 052-733-3709

2004/12/3(金)青山・月見ル君想フ
【出演】CRALABEL、BREAKER、タテタカコ、ロボピッチャー
【時間】open 18:30 start 19:00
【料金】¥2,000(adv)¥2,500(door) +drink
【info】 03-5474-8115

2004/12/5(日)横浜・BBストリート
【出演】el-line、gingerman、PICOPICOPON、酸素十倍、タテタカコ、ロボピッチャー
【時間】open 18:00 start 18:30
【料金】¥1,500(adv) ¥1,800(door) +drink
【info】 045-681-8202

2004/12/6(月)新宿・レッドクロス
「ながれもの」
【出演】水野うどんwithモノノフルーツ、Lucky Radio、COUCH、ロボピッチャー
【時間】open 18:00 start 19:00
【料金】¥2,000(adv) ¥2,300(door) +drink
【info】 03-3202-5320/レッドクロス

2004/12/18(土)長野・ネオンホール
「スーパーネオンホール'04冬」
【出演】詳細後日発表
【時間】open17:00 start17:30
【料金】¥1,500(1日券)¥2,500(3日間通し券)
【info】 http://www.avis.ne.jp/~neonhall/

2004/12/19(日)飯田・ガーデンプラザ
感物屋企画vol.1 「天才と大馬鹿」
【出演】タテタカコ、ビーグルズ、バリアフリー、ロボピッチャー
【時間】open 13:30 start 14:00
【料金】¥2,000(adv) ¥2,300(door) ¥1,500(高校生以下) incl. 1 drink
【info】 090-9660-0055/感物屋

2004/12/27(月)十三・ファンダンゴ
「FANDANGO NIGHT 2004 〜4days〜」
【出演】フラワーカンパニーズ、メガマサヒデ、ロボピッチャー 他
【時間】open 18:00 start 18:30
【料金】¥2,000(adv) ¥2,300(door) +drink 4日間通し券¥6,000(ファンダンゴ・オリジナル・タオル付き)
【info】 06-6308-1621/ファンダンゴ

kato takao** 01/12/2004 水曜日 01:33 | Link | TB (0) | コメント(0)

Archives
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月