" /> kato takao | weblog: 2003年04月 Archives

kato takao | weblog
ロボピッチャー・かとうたかおのweblog

« 2003年03月 | Main | 2003年05月 »
2003年04月29日
おわった。

 ボロフェスタが終わりました。
 もうちょっと片付けなどがあるけど、ほとんど終わりました。
 たくさんの人達がボロボロになって、心身ともに疲れ果てて、パーフェクトに楽しい1日と、想像を絶する辛い準備と片づけを味わいました。

 あのとき、あの場所にあった空気のことを思うと、今でも心がざわめきます。空間と音楽と映像と、何よりそこにあるとてつもなく重く意味深い空気。それを、たくさんの人達と共有しているという感覚。時間がぐにゃりと曲がって、1秒が極限まで引き伸ばされたような、そんな時間が、何回も何回も訪れました。
 たくさんの人達が来てくれてありがとう。
 この日記を読んでくれている人達が、ボロフェスタにきてくれたことを本当に誇りに思う。僕の出ないイベントに来てくれるってことはとても意味深い。
 僕がやっていることは、イベントや、雑誌や、ロボピッチャーなど多岐にわたっていて、それらはもちろん僕の中で非常に密接にリンクしています。その根底に流れているのは当然音楽で、僕の伝えたいのは純粋に音楽で、それをいかに原始的な形で人に届けることが出来るかをいつも考えています。

 ただ、先日に日記が、やや押しつけがましく、いやな気分にさせる部分があったかもしれません。実際に僕の周りの人の中には、ちょっとどうかと思った人もいたみたいです。気分を悪くされたのならもうしわけない。どうしても来て欲しかったんです。でも、来て良かったでしょ?それに関しては絶対の自信があるのです。

 さあ、次は何をしようか。なんでもできる。思いついた一番遠いところまでいこう。そこについたら、もっと遠くが見える。そんなばかげたゲームに興じよう。
 次見る雲が一番きれいなのです。
 世界一きれいな雲が、毎日毎日どこかで作られている。
 世界記録は、日々塗り替えられているのさ。

 じゃ。

 

kato takao** 29/4/2003 火曜日 02:06 | Link | TB (0) | コメント(1)
2003年04月24日
もし

 もしあなたが、ボロフェスタに行くのを迷っているなら。

 たぶん、予定がうまく調整つかない人もいるだろうし、お金の余裕がいまいちない人もいると思う。どうしようもない予定がすでにはいっている人や、バイトや、仕事や、学校や、その他もろもろの雑多な用事が入っている。その気持ちはよくわかります。

 どうしても動かせない用事があって、あなたは、ボロフェスタに来る事が出来ない。
 そして、あなたは、数日後「ごめん。ほんとに行きたいと思っていたのだけど」と、僕に言う。

 もし、あなたに、想像力があるのなら、一度試してみて欲しい。
 あなたは、とても大切なプロジェクトをまかされる。すごいチャンスだし、あなたの人生にとっても重要なチャンスである。
 あなたが開発したのは、どんなクセ毛もまっすぐにする無敵のリンスだ。誰のどんなクセ毛もたちどころにつやつやのまっすぐにする、すごいリンスだ。
 あなたは、とても誇り高い気持ちになる。それを開発したのはあなたで、あなたが知る限り、それは世界一のリンスなのだ。リンスにもメッセージを発言する権利はある。
 あなたは信じている。あなたのリンスが世の中に広がれば、世界からは戦争がなくなる、と。
 あなたは信じる。このリンスが広まりさえすれば、世界中の自殺率が信じられないくらい下がるのに、と。
 1年の月日が流れて、あなたの暮らす世界は変わりはしない。それはあたりまえのことではあるが、あなたは、どことなく、罪悪感を感じている。もしかして、この世界がゆがんでいるのは、私のせいかもしれない。
 古い友人が(それはとても古い友人で、人生の大半を一緒に過ごし、信頼の置ける仲である)あなたを尋ねてくる。
 友人はあなたに語りかける。
 「あのリンス、すばらしかったみたいだね。いろいろ噂を聞いたよ。ほんとに使いたかったんだよね。でも、どうしても予定が合わなくて使わなかったんだ。ほんとにごめんね。次は絶対に使うよ」

 さて。
 あなたは、今、僕のことをちょっと性格の悪い、感じの悪い人だと思ったかもしれない。
 僕は、その事を否定はしない。
 それはさておき、僕はあなたにお願いがある。
 それは、本当にお願いで、祈りで、友人としての切なる進言でもある。

 ボロフェスタは4/26の4:00オープンで、4:30スタートです。
 もし、ボロフェスタにあなたが来なくても嫌いにはなりませんが、後で「あれ、ほんとに行きたかったんだけど、どうしようもない用事が入って行けなかったんだよね」とは言わないで下さい。
 余計に哀しいから。

 では。

kato takao** 24/4/2003 木曜日 02:53 | Link | TB (0) | コメント(0)
2003年04月23日
ボロフェスタ

 4/26にボロフェスタが行われます。
 ロボピッチャーは出演しません。
 ROVOというバンドが出演します。
 ASA-CHANG&巡礼というバンドが出演します。
 FLUIDという京都のバンドも出演します。
 このページを見ている人はあまり知らないバンドかもしれませんが、だまされたと思って見に来てください。
 特別な音楽を奏でる事が出来るすごいバンドです。絶対に好きになると思います。

 そして、なによりこれはボロフェスタです。
 2002年10月に京都の空気を震わせたボロフェスタの第二回なのです。
 西部講堂の埃の匂いや、独特の音の跳ね方や、からだの芯をどうしようもなく揺らす振動のある場所です。覚えてますか。

 僕らは、このイベントを良い物にしようと、この数ヶ月間頑張ってきました。
 あなたが、この出演バンドをもし知らなかったとしても、このイベントが良いかどうかわからないということはないはずです。ボロフェスタに出演するバンドが、すばらしくないわけはないからです。

 この日記の中で、僕はたくさんのイベントに誘ってきました。
 でも、今回は特に強く誘います。
 なぜなら、こんなに誰かに、何かを、どうにかして伝えようとしているイベントは他にないと確信しているからです。

 もし、お越しになられる場合は、ロボピッチャーのライブ予約メールからでもとりおきしておきます。本当にぜひともお越し下さい。
 僕は多分ぼろぼろになりながら働いていると思います。
 でも、当日お会いできる事を楽しみにしています。

 もう一度いいますが、ボロフェスタですよ。
 あなたが、もし来なかったら、見逃すのはあのボロフェスタです。 
 他のなにかではありません。
 絶対に、楽しいと思う。
 楽しいだけじゃなく、もっとぴりっとした感じがあると思う。
 ボロフェスタにしかない感じ。
 きたら、わかるって。

 4/26(土) 「ボロフェスタ」
 京大西部講堂
 OPEN 16:00 START 16:30
 前売り 3200円 当日 3500円

 http://www.nishiki-ya.com/borofesta/

kato takao** 23/4/2003 水曜日 06:09 | Link | TB (0) | コメント(2)
2003年04月16日
クラップ

 こんちは。
 去る4/1に僕が編集に携わったクラップという音楽フリーペーパーが創刊されました。
 JEUGIA全店や、京都市内の様々なカフェやライブハウス、スタジオなどで手に入ると思います。
 ぜひ手に入れて、感想を聞かせてください。
 創刊号の特集は「マンガと音楽の微妙な関係」。
 なかなかいいですよ。

kato takao** 16/4/2003 水曜日 02:33 | Link | TB (0) | コメント(1)
2003年04月13日
負けず嫌い

 僕は負けず嫌いな人が好きです。 
 ちょっと前までは嫌いだったのだけど、今は好き。

 負けず嫌いな人ってさあ、なんか、じぶんにやさしくないところが好き。基本的に誰にも優しくないんだけど、最終的に自分に一番優しくない。
 ちょっと前までは、はらはらしながらそう言う人を見ていたけど、今は、そんな人達しかまわりに残ってない。「まあ、負けてもいいや」って人は結局僕の周りにはいない。

 もうすぐライブです。
 あと、15時間くらいでライブが始まる。
 そんなことうまく想像できないですよね。
 今の僕はとてもよれよれのシャツを着ていて、あんなに強いライトをあびる資格がある人間とは思えません。

 まあ、いいや。
 4/13 19:30、木屋町イースト。
 来て。
 負けず嫌いなライブをします。

kato takao** 13/4/2003 日曜日 04:52 | Link | TB (0) | コメント(0)
2003年04月12日
雑感

 今から、今日何本目かのビールを飲むところです。何本目なのかわからない。さっきまでは数えてたのだけど。
 たしか、ちょっと前までは素面で、一本目のビールを飲むための理由があったような気がするけど、今栓を切ったビールには飲まれる理由など何一つない。

 忙しいです。とてもとても。
 なんか、時間に隙間が生まれない。
 まあ、でも、楽しい毎日ではある。
 楽しい毎日ではある。
 問題は、どれだけ東に行っても西にたどり着いてしまうこの世界の構造にある。

 螺旋。
 ぐるぐるまわりながら、ゆるやかに落ちていく。
 あれ、違う?のぼってる?
 もちろん、それはどっちでもいい話。
 勝ったのがカメでもウサギでも、銀河系の2兆年後は左右しない。
 慢心したウサギがちょっと昼寝したくらいで、責められるほどのことではない。

 俺には多分、文句がいっぱいあるのだけど、言いたいことがいろいろあるのだけど、残念なことに、言いたい相手と内容がない。
 
 僕はあなたが靴下を履く様子を思い描いている。
 とてもコケティッシュで、キュートだ。どちらも、時代を超えられなかった外来語だけど、僕の頭には別の言葉は浮かばない。それはとてもジャストに「コケティッシュ」で「キュート」です。
 あなたは靴下を履き終わる。
 さて、何をしようか。なんでもできる。
 なぜなら、あなたはもう靴下を履いているのだ。
 とても複雑な様式のセックスをすることも出来るし、インドの山奥でのみ信仰されている神様にその身をささげる事も出来る。
 ただ、残念な事に、2兆年後の銀河系は左右できない。
 例えあなたがそれを心から望んでも。

 あなたには守りたい物がある。もちろん僕だっていくばくかの物を守りつづけて生きてきた。
 ふと、われわれは思ってみる。「これは本当にこれからも守りつづけなくてはならないのだろうか?」あるいは、それは、もうすでに、守り尽くされた物なのではないか。別のなにかがそろそろ守ってくれてもいいんじゃないか。

 この、日々の中で、なくなられた人々に、僕なりのやり方で祈りをささげてみようとしたら、変な風になっちゃって、困った。こんなことなら祈らなければよかったね。
 でも、僕なりの、とても静謐な祈りをささげた。
 僕の余生を、少しでもましにするために。
 
 それでは、みなさんお元気で。
 まだ、なにも遅くないよ。

kato takao** 12/4/2003 土曜日 06:14 | Link | TB (0) | コメント(1)
2003年04月07日
うーん。

 たくさんの人と話をしました。
 話をするのは嫌いではないですが、つかれます。

 良いライブをいくつか見ました。
 良い人達と見ました。
 みんなも良いと思っていてくれたらよいと思います。

 とてもつかれた。
 さあ、明日からロボピッチャーの本当に本格的な練習です。
 がんばるつもり。

 僕が知っている深さまで、行けるかな。

kato takao** 07/4/2003 月曜日 05:43 | Link | TB (0) | コメント(0)
2003年04月05日
よくわからん

 雨が降っている。
 冷たい雨だ。優しくない。春雨は優しい雨ではない。

 桜咲く夜の寂しさをしってる?
 あまりにも幸せな夜は寂しさも運んできます。こんなに暖かく美しい夜なのに、一番そばにいて欲しい人はそばにいない寂しさのこと。

 まあ、いいんですが。いないなりになんとかするのですが。だからといって、寂しさをなんとかできるわけではない。
 
 4/13は、ロボピッチャーのライブが木屋町イーストであるのですが、すごいのよ。
 4/26にあるボロフェスタmeets MAN DRIVE TRNCEのチケットが1000円引きで買えるのです。4/13の前売り券が1000円なので、ボロフェスタに来るつもりの人はなんとただで入れるって事に!!

 4/26のボロフェスタにロボピッチャーは出演しませんが、これの、京都の音楽界に激震を走らせるすごいイベントになるはずです。ROVO、ASA-CHANG&巡礼、FLUIDというちょっとすごいバンドが出演します。
 来たら良いと思う。メールくれたらとりおきしとく。

 こんな深さではなかったのだ。僕のいる場所は。
 もっと下があった。生き延びる時間が長くなるほどその下を知る。
 さて。
 俺は行く準備があるけど、君はどうだ。
 そこにはすごいメロディーラインが落ちているかもしれないし、ひどい臭いの腐敗物しかないかもしれない。しかも、そこからはもう二度と戻って来れないんだって。
 行くかい。
 行こう。
 行こう。
 僕と音楽をしよう。
 すごい深さを見せてあげる。
 
 チャンネルは変えられる?
 変えられたら、すごいよ。

kato takao** 05/4/2003 土曜日 03:03 | Link | TB (0) | コメント(1)
4/13
kato takao** 05/4/2003 土曜日 02:48 | Link | TB (0) | コメント(0)
4/13
kato takao** 05/4/2003 土曜日 02:48 | Link | TB (0) | コメント(0)

Archives
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月
2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月
2001年12月
2001年11月
2001年10月
2001年09月
2001年08月
2001年07月
2001年06月